シノジャパン、訪日リピーター獲得CXプラットフォーム「OKAERI」を4月12日より提供開始

~観光客受け入れ全企業対象、自社サービスを利用する訪日外国人の顧客体験(CX)を見える化し、リピーター獲得を実現~

世界各国の消費者データの収集からレポーティングまでを一元化するグローバルインサイトプラットフォームを開発し、国内企業のデータドリブンな越境ビジネスをサポートするSyno Japan株式会社(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:長野 草児、以下シノジャパン)は、訪日外国人を含む観光客の受け入れ企業が、自社サービスを利用する顧客の声を多言語で効率的に収集し、リピーターを獲得するためのアクションポイントを見える化するプラットフォームサービス「OKAERI」を2019年4月12日より提供開始致します。
▼訪日リピーター獲得CXプラットフォーム「OKAERI」
https://www.synojapan.com/okaeri
 

■OKAERI提供開始の背景
 グローバルリサーチに特化したリサーチサービスやシステムを開発するシノジャパンは、近年の訪日外国人急増に伴い、訪日外国人を対象とする市場調査を多くサポートして参りました。その結果、訪日外国人のマクロ的な実態が明らかになり、結果を元にさまざまな改善策やPR施策が進められてきました。一方で、上記の全体把握を目的とする市場調査ではわからない「観光客受け入れ企業が提供する実際のサービス」や「特定の観光名所」に対する観光客の声を現地で効率的に収集し、リピーター確保のために迅速なアクションに繋げるためのシステム開発を開発して欲しいという要望を多く頂きました。

 全体の6割以上占める訪日リピーターは、一人当たりの支出金額が大きく、物より体験を重要視し、地方へ足を運ぶ傾向があるため、リピーターの確保につながる顧客体験の理解は、宿泊・観光施設などの受け入れ企業のみならず、2020年に4000万人の訪日外国人誘致を目指す日本政府や日本版DMOにとっても重要であると考えます。

 このような背景から、シノジャパンは過去の海外調査の実績と自社開発の顧客体験(CX)向上プラットフォーム(https://www.synojapan.com/jp/syno-cx-enhancement-platform)を融合し、業種や規模を問わず観光客受け入れるあらゆる企業が簡単に導入し、自社顧客の声を元に、データドリブンなインバウンド対策を実現するための訪日観光客CXプラットフォーム「OKAERI」の開発に至りました。

■OKAERI概要

 

  1. 業種別アンケートテンプレートを利用し、最初の回答100人分は無料(その後、回答数に応じた課金体系)
  2. 多言語アンケート(日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)韓国語)で、訪日外国人を含むあらゆる観光客の声を収集
  3. リアルタイム更新のダッシュボードで顧客体験を見える化
  4. アンケート回答者へ、割引クーポン等の自動インセンティブ付与システム
■OKAERIを利用した顧客体験の継続的な改善サイクル

■インバウンド日英WEBメディア「おもてなし迷惑-Omotenashi Gap-」のご紹介


 OKAERIが提供する訪日観光客の顧客体験を理解するためのヒントとなる、「日本のおもてなしと外国人が求めるサービスとの間にある差=おもてなし迷惑」をテーマとした日英WEBメディアが同日リリースとなります。

詳しくは、下記のリンクをご参照下さい。
https://omotenashimeiwaku.com/

 「おもてなし迷惑」は下記のコンテンツを日本語及び英語で毎週更新します。
  1. 「おもてなし迷惑」を題材とした、日本在住15年以上の米国出身ライターを中心とする在留外国人ライターグループによるブログ
  2. 「おもてなし迷惑」を題材とした北鎌倉を舞台とした四コマ漫画
  3. 「おもてなし迷惑」に関するOKAERI利用ユーザを対象としたインタビュー記事
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Syno Japan 株式会社 >
  3. シノジャパン、訪日リピーター獲得CXプラットフォーム「OKAERI」を4月12日より提供開始