沼田BASE、WOS(世界かき学会)に加盟

沼田BASE合同会社が世界かき学会会員に

沼田BASE合同会社(所在地:広島県広島市、最高経営責任者:今井道夫、以下:沼田BASE)は、カキに関する初めての国際シンポジウムを行う世界かき学会 (The World Oyster Society 、以下 WOS ) の会員となりましたことをお知らせいたします。
この度、沼田BASEの代表である今井が、以前より入会申請を行っておりましたWOSに2021年1月より加入しました。
これまで「パレットを牡蠣筏に」をはじめ、さまざまな角度から水産業、運送業、福祉業など業界を超えた包括的な社会課題の解決を目指してきました。
今後は、WOS会員として、牡蠣を科学的に研究してまいります。
 
  • 沼田BASEの沿革
2019年  7月 沼田BASE合同会社設立
2019年11月 パレットアワード2019の最終プレゼン大会に出場し、「パレットを牡蠣筏に」が最優秀賞受賞
2019年12月 障害者支援の場を拡大し、福祉事業所のコンサルタント業を開始
2020年  1月 「パレットを牡蠣筏に」の事業化を発表
2020年  8月 始動Next Innovator 2020に採択
2021年  1月 世界かき学会 (The World Oyster Society)に加入
 
  • 事業紹介

沼田BASEの新事業『世界一サステナブルなブランド牡蠣づくり』は2019年11月に行われた「パレットアワード2019」で最優秀賞を獲得した「パレットを牡蠣筏に」をベースに、牡蠣養殖の製造工程に沼田BASEが保有している障害者支援のノウハウと廃棄予定の木製パレットの加工法で製造した牡蠣イカダ、マイクロプラスチックを排出しない素材を使ったパーツを組み込むことで、環境負荷を抑えながらコストを削減し、障害者の雇用を創出します。また、本モデルは2020年8月より開催された「始動Next Innovator 2020」に採択され、ブラッシュアップを経て現在さまざまなパートナーと手を組みながら前進しています。
 

 

  • 世界かき学会 (The World Oyster Society)について
 


ビジョン
世界かき学会はカキに関心をもつ世界の人々を人類の利益のために結集する。
 


使命
世界かき学会の使命は、世界のあらゆる場所においてカキの研究、生産および利用と何らかの関係をもつすべての人々に対して善意、友情および協力の媒介者になることである。
 


目標
-国際かきシンポジウム等を主催すること。
-カキならびにそのカキが人類に与える利益に関する一般大衆の知識を向上させること
-カキに対する子供たちの理解と愛情を深めること。
-カキの科学に共に携わり、その普及にあたる既存の機関と協力すること。
-持続可能なカキ養殖を奨励し、かつ支持すること。
-人類の食料としてのカキの利用を奨励し、かつ支持すること。
-沿岸環境の水質改善のためにカキを利用すること。
-沿岸海洋生態系の生物多様性の維持とその回復に果たす天然のカキ生息場とカキ養殖の役割を調べ、かつ理解すること。

URL:https://worldoyster.org/jp/
 


 【沼田BASE合同会社について】
私たちの企業理念は 『世界をもっとおもしろく』です。 年齢、性別、国籍、障害の有無、趣味趣向、LGBTなどの垣根を撤廃して、すべての人々の『生きづらさ』を解消したいと思い活動しています。最初の一歩として、障害の有無に関わらず自分らしく生きることを応援できる社会福祉業を選びました。今後も地方の過疎や労働力不足を解消するための事業の展開を予定しています。 この活動にはたくさんの理解者と共犯者が必要です。新しいことは批判や色メガネで観られがちですが、私たちはそれらの偏見や固定観念を覆していきます。

設立:2019年7月
代表者:最高経営責任者 今井道夫
資本金:1,000,000円
事業内容:障害者自立支援業、廃材加工業(主に木製パレット)、人材派遣業、コンサルタント業
URL:https://numatabase.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 沼田BASE合同会社 >
  3. 沼田BASE、WOS(世界かき学会)に加盟