Windows10で利用できる文字認識ソフト「AI JIMY OCR」が無料公開

〜 エッジコンピューティングによる次世代AIOCRでアナログ文書をデジタル化 〜

コロナ禍においてリモートワークが進み、書類のデジタル化の重要性が高まっている中、2021年7月7日、Windows10上において無料で利用できるAI-OCR 「AI JIMY OCR」がMicrosoft Storeにて提供開始されました。AIOCRによって、申請書やアンケート用紙といった書類中の文字やチェックボックス、QRコードなどを認識することができ、主に書類の入力業務の補助として活用することができます。

文字認識ソフト AI JIMY OCR文字認識ソフト AI JIMY OCR

【URL】https://aijimy.com

AI JIMY OCR 3つの特徴
1.複数のOCRエンジンにより手書き文字を含む定型帳票を無制限で文字認識
2.導入インストールが簡単(利用開始まで約10分 / サーバー設置等は不要)
3.友人招待により完全無料での利用が可能

AI JIMY OCRのインストール方法
Microsoft Storeよりダウンロードできます。
直接リンク: https://www.microsoft.com/ja-jp/p/ai-jimy-ocr/9n77dwfk4lbp

AI JIMY OCR誕生の背景
コロナ禍においてリモートワークが進み、アナログ文書をデジタル化させる必要性が高まってきました。社内の文書管理においても電子帳簿保存法改正による観点から、デジタルデータへの変換が多くの企業で検討されています。
AI JIMY OCRはどなたでも利用ができるようにユーザー目線で設計されています。日本の事務作業にAIを組み込むことで、働く人の生産性をより高めていくことを目的として誕生いたしました。

AI JIMY OCRの使い方・利用シーン
申込書や受発注書、アンケート用紙など定型書類のデータ入力業務の補助として活躍します。これまで人間が目視し、システム等にデータ入力を行ってきた作業をAI JIMY OCRによって自動化することができます。また、エッジコンピューティングによる処理のため、特別なサーバー設置などは不要で、現在お持ちのPC環境で利用開始できます。

AI JIMY OCR今後について

下記の実施が年内に予定されています。
・手書き文字の認識精度向上 
・機能の拡充(ファイルトリガーやコマンドベースのアクション等)
・コミュニティ活動
・AIパートナーの募集及び協業
・キャラクター(JIMYくん)募集
・追加機能の受付窓口を拡大

AI JIMY OCR製品概要
ソフトウェア: 文字認識ソフト
ソフトウェア名: AI JIMY OCR
対象帳票: 定型帳票
費用: 完全無料で利用が可能
概要URL: https://aijimy.com

提供元について

提供元:シー・システム株式会社
本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-6
設立:1983年3月
代表者:代表取締役 森下 康夫
事業内容:AIやRPA開発・システム開発によるDX推進事業
URL:https://seagp.com
大阪府DX推進パートナーズ

【お問い合わせ先】
URL: https://aijimy.com/inquiry/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シー・システム株式会社 >
  3. Windows10で利用できる文字認識ソフト「AI JIMY OCR」が無料公開