地域の特産品の『もったいない』をアップサイクルしてさらなる地域活性化を!

地域課題解決型企業を目指すフエゴインターナショナルが千葉県睦沢町の特産品である干しいもをアップサイクルし、ふんだんに練り込んだプレミアムジェラートの販売を開始。

近年、注目を集める食用コオロギの養殖事業を手がけ、高品質な食材の調達・加工技術が強みのフエゴインターナショナル株式会社(千葉県、代表取締役:村山敏弘)は、千葉県睦沢町の地域特産品である干しいもの生産時に発生する加工残渣を活用したジェラート「-10℃ Mutsu Boshi Gelato(マイナスジュウドシームツボシジェラート)」の販売を開始しました。



「-10℃ Mutsu Boshi Gelato」とは:
睦沢町等で栽培された甘みの強いさつまいも「紅はるか」は、天然ガスで蒸し上げることで一気に糖度が上がり、しっとりとした上品な味わいの干しいもができあがります。今回販売を開始した「-10℃ Mutsu Boshi Gelato」では、干しいもの生産時に発生する加工残渣を加工し、干しいもの粒まで混ぜ込んだ、非常に手の込んだプレミアムジェラートです。最適な原材料配合比とオーバーラン(空気含有率)を徹底的に追求し、風味豊かで濃厚な味わいを実現しました。商品名にもなっている「-10℃ =ジェラートが最も美味しく感じられる最適な温度」でぜひお召し上がりください。

「-10℃ Mutsu Boshi Gelato」は現在、道の駅「むつざわ つどいの郷(千葉県長生郡睦沢町森2-1)」、「ながら太陽ファーム(千葉県長生郡長柄町山根2010)」で販売を開始しています。今後、千葉県内の各道の駅などで順次販売していくとともに、ふるさと納税の返礼品として全国にお届けする予定です。

 


 

 


フエゴインターナショナルの紹介:
フエゴインターナショナル株式会社は、代替たんぱく質としての食用コオロギ養殖事業で、食品ロスや食糧安全保障、地方創生等の課題を解決すべく、食のサーキュラーエコノミー(循環型経済)を地方に実装していくために、2021年2月に設立しました。
世界的には、コオロギは穀物や魚粉を餌に養殖されていますが、世界的な気候変動、人口増加、バイオ燃料の増産や食肉需用の増加による穀物・魚粉価格の高騰が起きている現代において、食品ロスを使用することで、既存の畜産業や水産養殖業にしわ寄せがいかない仕組みが可能です。房総半島は豊かな自然と新鮮な作物が豊富な地であり、地の利を生かした高品質な千葉ブランドのコオロギ生産を進めるとともに、食品ロスの削減という社会課題に向き合い持続可能な地域社会の実現に貢献していきます。

2022年4月に、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンデイーノ)」において、5日間で1,640万円(目標募集額1,350万円)の資金調達を実施しています。
https://fundinno.com/projects/350


アップサイクル食品を通じて地域課題解決型企業へ:
今回販売する「-10℃ Mutsu Boshi Gelato」は、食品ロスから新たな食品を創造する、「アップサイクル食品事業」の第一弾商品となります。このような商品の開発・販売により、これまでに弊社が培った食品ロスの調達ネットワークや食品加工技術を最大限活用するとともに、地域生産者における食品ロスの廃棄コストの削減、焼却時に生成されるCO2の削減に貢献することが可能です。さらに地域に新たな特産品を生み出すことで、地域社会に最適なサイクルを生み出すことが可能になります。弊社は今後も、今までにない新たなアプローチで地方創生に取り組んでいきたいと考えています。

協業事例:
「むつぼしいも」は日本郵便株式会社と千葉県睦沢町が、地域の活性化、雇用創出などを目的とし、睦沢町の新たな特産品として開発されました。睦沢郵便局では、睦沢町等で栽培されたさつまいも「紅はるか」を農家の方々から買い付け、敷地内にある自社工場において、睦沢町の豊富な地か資源である天然ガスにより蒸すなど徹底的な「地産」にこだわっています。睦沢郵便局とフエゴインターナショナルはそれぞれが有する物的資源を有効に活用して、食品ロス削減という社会課題の解決及び持続可能な社会の実現に向けた地域社会の発展等を図るため覚書を締結しました。

※日本郵便株式会社との連携のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000086027.html

フエゴインターナショナルでは、干しいもの最終工程で発生する食品残渣を、人がたべられるほどの新鮮な状態で調達し、コオロギの飼料として活用しています。これにより、高品質かつ低コストな食用コオロギを生産するとともに、食品ロスの廃棄、焼却時に生成されるCO2の削減に貢献していきます。
 



【企業概要】
名称      :フエゴインターナショナル株式会社
代表取締役   :村山 敏弘
所在地     :千葉県長生郡睦沢町小滝577
資本金     :2,054万円(資本準備金820万円)
設立      :2021年2月
HP        :https://www.fuego-official.com/
Twitter              :https://twitter.com/fuego_int_japan

【本件に関するお問い合わせ先】
フエゴインターナショナル株式会社
担当:山下
E-mail: info@fuego-int.co.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フエゴインターナショナル株式会社 >
  3. 地域の特産品の『もったいない』をアップサイクルしてさらなる地域活性化を!