北三陸ファクトリー 本社工場において食品安全マネジメントの国際認証規格「FSSC22000」「ISO22000」、「JFS-C」の認証を同時取得

株式会社北三陸ファクトリー(代表取締役:下苧坪之典/本社:岩手県九戸郡洋野町/以下 北三陸ファクトリー)は、「FSSC22000」「ISO22000」「JFS-C」の認証を同時取得致しました。

北三陸ファクトリーは、北三陸の自然と人が産み出す最高の食材で最高の製品を創り、世界中の食を愛する人々に製品やその背景にあるストーリーをお届けしたい、という思いのもと、『北三陸を世界に発信する』をミッションに、農林水産加工品の製造・販売を行っております。また、食を通じて「これからの豊かさ」を探索し、持続可能な水産業・地域づくりを実現するため、食の安心・安全と技術研鑽を高め、お客様に新たな提案を行って参りました。
この度北三陸ファクトリーでは、世界規模の食品安全対策に取り組むため、より確実な商品安全管理を実践し、消費者に安全な食品を提供することを目的とした食品安全マネジメントシステムの国際認証規格「FSSC22000」を取得いたしました。また、「FSSC22000」のベースとなる「ISO22000」、および日本発の食品安全管理認証スキーム「JFS-C」も同時に取得いたしました。今後、ローカルからグローカルへと、さらに事業を推進してまいります。

                    北三陸ファクトリー 本社工場
 

■北三陸ファクトリーの安心安全への取り組み
北三陸ファクトリーでは、安心・安全のために設けられたすべての厳しい基準をクリアするため、2020年に「FSSC22000認証取得チーム」を発足いたしました。このチームが主軸となり、全社員・スタッフへの呼びかけ・意識改革を行い工場における食品衛生・マネジメントシステムを見直し、この度の認証取得へと繋がりました。
食の安心・安全と製品の品質向上に取り組み、世界中の食を愛する人々に北三陸の食の素晴らしさや奥深さを発信し、食を通じた「豊かさ」をお伝えすることにより、事業活動を通じて「持続的な地域の発展」に繋げてまいります。

                      FSSC22000審査登録証
 

北三陸ファクトリー本社工場で製造される製品
   左:洋野うに牧場の四年うに/UNI&岩手産バターSPREAD
   中央:洋野うに牧場の四年うに/殻付きうに・つぼ抜きうに
   右: KITA-SANRIKU CRAFT SPREADシリーズ
 
■FSSC22000とは
FSSC22000とは、“Food Safety System Certification 22000”の略で、ISO22000(衛生面を含めた食品安全管理を実践するためのマネジメントシステム規格)の内容を包含し、さらにISO/TS22002-1(前提条件プログラム)およびFSSC独自の追加要求事項が加わった、食品安全マネジメントシステムに関する国際規格です。
食品小売業界が中心の非営利団体、国際食品安全イニシアチブ(GFSI:Global Food Safety Initiative)により、食品安全の認証スキームの一つとして承認された規格になります。

■JFS-Cとは
JFS-C認証制度は、2016年に発足した一般財団法人 食品安全マネジメント協会(JFSM)が所有権をもつ、食品安全に関する第三者認証制度です。
これまで、特に、国際的に運用される認証制度においては、欧米を中心にルール化されたものがほとんどでしたが、このJFS-Cは、国際的に利用される第三者認証制度を日本から発信することも目的の一つにおかれています。
 

 

【企業情報】
株式会社北三陸ファクトリー (KITA-SANRIKU FACTORY INC.)
本社所在地:岩手県九戸郡洋野町種市第22地割1番地
設立:2018年10月1日
代表者:代表取締役 下苧坪之典
事業内容:農林水産加工物の製造加工・販売、6次化拠点開発の企画運営、水産業に関する技術開発
URL:https://kitasanrikufactory.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社北三陸ファクトリー >
  3. 北三陸ファクトリー 本社工場において食品安全マネジメントの国際認証規格「FSSC22000」「ISO22000」、「JFS-C」の認証を同時取得