日本人なら皆んな知っている「おにぎり」ってどんな形? 東・西日本で異なる“おにぎり事情”のアンケート調査を実施。

東日本は、おにぎりのかたちは“三角型”、海苔は“半切”“焼海苔”。 西日本は、おにぎりのかたちは“たわら型”、海苔は“8切”“味付け海苔”

株式会社山本山(代表取締役社長 山本嘉一郎 所在地:東京都中央区日本橋2-5-1)は、『おにぎり海苔』に関するインターネット調査を2018年9月19日~24日に実施しました。

海外でも知られつつある日本のソウルフード「おにぎり」ですが、地方によってそのかたちや海苔の種類は様々です。調査の結果、東日本と西日本では大きな違いが出ました。

[アンケート実施概要]
 調査方法:インターネット調査
 調査対象:山本山オンラインショップ会員(回答者数167名)
 調査期間:2018年9月19日~24日

[調査結果]https://www.yamamotoyama.co.jp/special/onigiri

 

気になる東西おにぎり海苔事情気になる東西おにぎり海苔事情

 

 

<普段食べるおにぎりのかたち>

西日本・・・たわら型57%、三角型37%、平たい丸型3%、球体3%、その他0%
東日本・・・三角型68%、たわら型9%、平たい丸型14%、球体8%、その他1%

 

<おにぎりに使う海苔の形>

西日本・・・8切35%、半切28%、3切14%、6切10%、4切8%、全型5%、その他0%
東日本・・・半切34%、3切25%、8切15%、4切11%、全型10%、6切3%、その他2%

 

<おにぎりに巻く海苔の種類>

西日本・・・味付け海苔62%、焼海苔38%
東日本・・・焼海苔91%、味付け海苔9%


その他、“おにぎり海苔の好み”“おにぎりに合うお茶”について回答を得ました。


<回答者のコメント>
・関東に来て、おにぎりが三角形で驚いた!
・私は東北ですが、小さい頃は祖母が楕円のおにぎりを作ってくれてました。
・いつも8切です。俵型にちょうどいい。
・8切を三角おにぎりに着物の衿みたく飾ります。
・子供の頃からおにぎりには味付け海苔。それ以外考えられない。
・関西でコンビニのおにぎりが味付け海苔でびっくり!
・本当はパリパリ派。だけど奥さんの作るしっとりおにぎりが好き。
・パリパリ音がするとおにぎりが美味しく感じる。

【調査結果ページ】https://www.yamamotoyama.co.jp/special/onigiri

■会社概要
名称:株式会社山本山
本社住所:東京都中央区日本橋2丁目5番1号 日本橋髙島屋三井ビルディング11階
創業:元禄3年4月 (1690年)
代表者:代表取締役社長 山本嘉一郎
主な事業内容:日本茶及び海苔の製造加工・販売
ホームページ:https://www.yamamotoyama.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社山本山 >
  3. 日本人なら皆んな知っている「おにぎり」ってどんな形? 東・西日本で異なる“おにぎり事情”のアンケート調査を実施。