IoTで原価管理する「GenKan」の食品加工業向け特設サイトを12月1日オープン!


株式会社KOSKA(本社:東京都千代田区、代表取締役:曽根健一朗)は、2020年10月に正式版をリリースした製造業の経営課題の解決に直結した原価管理・IoTサービス「GenKan」について、本日12月1日、導入が進む食品加工業界向けの特設サイトをオープンしたことをお知らせいたします。

特設サイト:https://www.koska.jp/food-factory


■「GenKan」の概要

 製造現場における従来の原価管理やDXのツールは、製造業の既存業務の工数削減など、業務の効率化を目的としたDXが主流でした。しかし、コロナ禍によって、売上向上や費用削減などの経営課題の解決を目的としたDXの必要性が高まってきています。こうした状況も踏まえ、株式会社KOSKAは、製造業の経営課題の解決に直結した原価管理・IoTサービス「GenKan」の正式版を10月にリリースしております。

「GenKan」の内容や特長を日本経済新聞や日刊工業新聞など多くのメディアに取り上げていただいて以降、数多くの企業様からお問い合わせ、ご依頼をいただいています。特に、コロナ禍の影響を受けている製造業企業様のニーズが高く、直近1ヶ月だけで100社以上に対し、課題のヒアリングと提案を行ってきました。そのうち、これまで主にお問い合わせを頂いていた金属加工業のみならず、食品加工業界からの問い合わせの増加が顕著であり、かつ食品工場での導入実績も増えていることから、この度、食品加工業界向けの特設サイトのオープンを決定致しました。なお、新型コロナの感染防止に配慮し、オンラインでのスムーズなご相談・ご提案も可能となっています。

■食品加工業界のDXと原価管理について

食品加工業界各社からお伺いした共通の課題は、食品の商品ラインナップがほぼ週次または月次で頻繁に更新されるため、機械での自動化生産が難しく、手作業に頼らざるを得ないということです。その一方、多品種である商品ごとの労務費原価や採算性の実態が見えないまま、採算性を上げる手段は現場の「勘、根性、経験」に依存してることが多いのが実情です。また、製造業向けのIoTや見える化システムが増えているものの、食品加工業界の調理、盛付工程などに対応したシステムが少ないため、紙に依存した従来型の手法で現場や原価を管理している事例が多くみられます。

■「GenKan」が食品加工業界に適している理由 1:非接触型のデータ取得

衛生管理の厳しい現場で作業者が手を触れずにデータ収集できるように、商品ごとの作業指示書にRFIDタグを事前に貼り付け、生産時に作業場の近くに置くだけで、日報入力などの手間を省くことができます。また、人感センサで同時作業人数とその実働時間を入力作業なしで自動収集することが可能です。




■「GenKan」が食品加工業界に適している理由2:商品ごとの採算性が分かる原価管理   

食品加工業界では、多様な品揃えが週次/月次で更新されるため、過去受注したことのある商品か否か、また新たに受注した商品が黒字化可能な商品か否かが特定されることにより、商品戦略の最適化や赤字商品に対する改善活動が可能となります。 
 



■「GenKan」が食品加工業界に適している理由3:食品加工現場に特化した見える化と分析

食品加工業界特有の状況として、同じ商品を毎日繰り返し生産する一方で、一つのラインで生産する商品を変更する「段取り替え」が一日に何度も発生するという生産方式が採用されています。そのため、原価管理を行うには、この現状を正しく反映できる必要があります。「GenKan」では、IoTと見える化ソフトのみの提供に留まらず、オプションの分析レポートにて追加の対応を可能にしています。例えば、ベルトコンベアの中断時間を録画情報から詳細に分析したり、各工程における最適な同時作業人数を算出するため、作業人数別の生産性・原価実績の分析などを行うことが可能です。
 



■「GenKan」サービス内容
IoTセンサ(RFIDセンサ、カメラセンサ)、Webソフトウェア

■「GenKan」中小企業向け導入プラン
利用料金: 初期費用0円、月額費用4.8万円
料金詳細: 7工程まで月額費用4.8万円、1工程毎に月額費用3,000円追加(工程あたりセンサ2台まで)

■本ニュースリリースについて
本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報は、市場動向、社会状況、経営方針の変更等により将来的に変わる可能性があります。

■企業情報
社名:株式会社KOSKA
URL:https://www.koska.jp/info
代表取締役社長:曽根健一朗
所在地:東京都千代田区外神田6-1-4 神田ノーザンビルB1
設立:2018年10月10日
事業内容:「GenKan」の企画・開発・提供

■問い合わせ先
製品サイトページ:https://www.koska.jp/food-factory
メールアドレス:info@koska.jp
電話番号:03-5846-8805
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KOSKA >
  3. IoTで原価管理する「GenKan」の食品加工業向け特設サイトを12月1日オープン!