大地の恵みに寄り添うボディケアブランド【Y U K】から、エッセンシャルワーカーとの共同開発による『手を守る』ハンドトリートメントが誕生。

新型コロナウイルス感染症のクラスターが起こった病院への寄付がきっかけで、進化したハンドトリートメントが完成。クラウドファンディング公開初日から多くの支援をいただきました。大地の恵みを、多くの人々に。

複合的なエゾ鹿利活用を行う株式会社天鹿が、展開中のエゾ鹿脂配合のコスメブランド『YUK COSMETICS』は、昨年末から開発していた『YUK HAND TREATMENT FOR ESSENTIAL WORKERS』をついに完成させ、3月31日よりクラウドファンディングを開始しました。同プロジェクトは公開翌日にはリターンを追加するなど、大きな反響を呼んでいます。既存の人気商品であるハンドクリームに、エッセンシャルワーカーの生の声を取り入れ、コロナウイルスで戦う医療現場の方々が使いやすい製品として進化した『YUK HAND TREATMENT FOR ESSENTIAL WORKERS』は、withコロナの時代のハンドケアとしてスタンダードを目指しています。

 

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるった昨年。私達が暮らす北海道でも、医療機関で大きなクラスターが発生しました。
 

医療従事者の方々の手洗い、アルコール除菌の回数は、普通に暮らす私達の何倍もあり、そのために手荒れも深刻であると知りました。
『同じ北海道の企業としてできることはないか』
と当時、既に完成し、一般販売も行われていた弊社ハンドクリームを医療従事者の方の手荒れのケアとして使っていただくべく、300個の寄付を医療機関に行わせていただきました。


寄付に伺った病院で働く医療従事者の様子は正に「戦っている」。
『ただ感謝をするだけではいけない、なにかお役に立つことがしたい』と考え、化粧品を扱う私たちがたどりついた答えは、『医療従事者の方も積極的に使えるハンドクリームを作ろう』でした。
周りにいる看護師をはじめ様々な医療の現場で働く人たちにお話しを聞き、潤うだけでなく、従来品比でより手指を乾燥から守る成分を配合し、医療現場でも使えるよう無香料にしました。
特にこの成分を含有させることについては、北海道科学大学薬学部准教授 若命浩二博士を学術アドバイザーに迎え、数度に渡る実証実験を行いました。

 

動物性脂の中で最も人肌に近い融点のエゾ鹿脂を配合した『YUK HAND CREAM』の特長はその肌馴染みの良さ。軽やかなテクスチャーで、肌につけると角質層のすみずみへすぅーっと浸透し、手指に潤いを与えます。またエゾ鹿由来の気になる臭いも特殊脱臭製法により全く気にすることなくご利用になれます。しっとり、けれど、べとつきません。

『YUK HAND TREATMENT FOR ESSENTIAL WORKERS』は、当社の人気商品『YUK HAND CREAM』に医療従事者の声を取り入れることで、手指に潤いを与えるだけではなく【保護】できるようハンドトリートメントとしてアップデートされた製品です。

 


参考資料1

【株式会社天鹿の取り組み】
北海道固有の日本鹿の一種エゾ鹿は、狩猟人口の減少、温暖化により通年を通して餌がある環境など、年々個体が増加し、この増加に伴い農業被害や交通障害など害獣指定動物となっています。他方、昨今のジビエブームもあり、その食用肉の需要は高まっています。
㈱天鹿では、いわゆる1次化としての食肉加工以外にも、エゾ鹿には多様な利活用策があることに着眼。その一つとして、既に世界市場で700億の売り上げを記録する「馬油」と比較しても優れた点が多い、エゾ鹿脂を原材料としたコスメ製品の開発、エゾ鹿牧場の経営など、複合的なエゾ鹿利活用の6次化事業を行い、もってエゾ鹿頭数制限や森林保護の観点からのSDGSの目標達成にも貢献していくことを目的の一つとしています。

 参考資料2
【YUK COSMETICSとは】
鹿油(鹿脂)とは、鹿の脂肪分から抽出されるオイルです。日本では流通量が少ないためあまり知られていない「鹿油」。
中国では昔からキズ薬ややけど薬として使われてきました。
鹿肉は脂肪分が少なくヘルシーなお肉ですが、その少ない脂肪分から取れる鹿脂にはさまざまな効能があります。
中国では昔から民間療法の薬として鹿油が利用されており、切り傷ややけどなどに塗ることで治癒を早めたり、皮膚を保護するのに使われていました。
現代においてはシカ油は美容に使われることが多く、鹿油は古代中国でキズ薬として使われていたことからも分かるように、皮膚を保護して再生を促す効能があります。
このため現代においてはシカ油を配合した化粧品やヘアケア用品の発売に期待がもてます。鹿油にはパルチミン酸やステアリン酸などの成分が多く含まれ、ニキビを減らす効果や肌を保湿する効果、肌を清潔に保つ効果が期待できます。
また、鹿油は馬油など他の動物油と比べると融点が35度と、動物の中でも人の体温に近く、人肌へのなじみがよく肌本来の潤いを取り戻す効果があります。

 

初日から多くの支援をいただき、既に目標を達成。急遽追加のリターンを設定し更なる支援を募っています。

 『YUK HAND TREATMENT FOR ESSENTIAL WORKERS』クラウドファンディング情報
クラウドファンディングプラットフォーム:Makuake/CAMPFIRE
プロジェクト名:北海道発・エッセンシャルワーカーの声から誕生した『手を守る』ハンドトリートメント
プロジェクトURL:
Makuake:https://www.makuake.com/project/yuk/
CAMPFIRE:https://camp-fire.jp/projects/view/398159

リターン:
『YUK HAND TREATMENT FOR ESSENTIAL WORKERS』×1個1200円/限定100個
『YUK HAND TREATMENT FOR ESSENTIAL WORKERS』×3個3300円/限定50個※好評につき受付終了(完売)
『YUK HAND TREATMENT FOR ESSENTIAL WORKERS』×3個3500円/限定200個
『YUK HAND TREATMENT FOR ESSENTIAL WORKERS』×1個+YUK EZO DEER BALM1個4500円/限定50個
『YUK HAND TREATMENT FOR ESSENTIAL WORKERS』×1個+エゾ鹿レザー巾着1個4500円/限定50個
ほか

 本プロジェクトの売上の一部は、支援していただいた金額の一部をコロナウイルスと戦う医療機関へ寄付いたします。

 

株式会社天鹿 会社概要
会社名:株式会社天鹿
所在地:〒001-0030 札幌市北区北 30 条西 4 丁目1-1
連絡先:TEL.011-700-5080/FAX.011-700-5060
資本金:20,000,000円
取締役社長 山内明光
株式会社 天鹿について、詳しくは、ホームページhttp://tenka.meにてご覧になれます。

お問い合わせ
株式会社天鹿
TEL.011-700-5080/FAX.011-700-5060
メール:project@tenka.me
担当:折笠/井城

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 天鹿 >
  3. 大地の恵みに寄り添うボディケアブランド【Y U K】から、エッセンシャルワーカーとの共同開発による『手を守る』ハンドトリートメントが誕生。