5月4日 名刺の日 コーヒーカスの再生紙でオリジナル名刺の作成サービスを開始。

コーヒーカスを使った再生紙ブランド"CaffeLatte"を展開するGROUNDS合同会社(大阪市:代表 竹下 亮・鈴木雪姫)は、コーヒーカスの再生紙を使用したオリジナル名刺の作成サービスを5月4日の名刺の日から開始いたします。


GROUNDSは代表のバリスタ2人が立ち上げたベンチャー企業で、廃棄するコーヒーカスと牛乳パックを使い、再生紙を製造しております。

バリスタは日々コーヒーを提供すると同時に大量のカスを廃棄しています。コーヒーが実から美味しい一杯になるまでの過程を知っているが故、そのカスもすぐに捨ててしまうのではなく身近な何かに生まれ変わらせられないかという思いがありました。そして昨年、再生紙をつくるプロジェクトをスタートさせ、コーヒーカスの再生紙ブランド”CaffeLatte”の立ち上げに至りました。
 

コーヒーカス再生紙の製造過程では、カスの配合量を何度も調整。粉砕した細かなコーヒーカスやコーヒー豆の油分が原因で機械がうまく稼働しないなど、全ての工程においてトラブルが発生しましたが、ひとつひとつ乗り越え、ようやくカスの粒を目で確認頂けるユニークな紙が仕上がりました。
そしてこの度、その再生紙を使用した名刺作成のサービスを開始いたします。
 
  • オーダー方法

 


【販売サイト】
■完全オリジナルデザイン
https://since-grounds.myshopify.com/products/caffe_latte_card
■テンプレートあり
https://since-grounds.myshopify.com/products/caffe-latte_meishi_template

オーダー方法は、サイトでご購入後、フォーマットをダウンロードいただき、オリジナルデザインのデータをメール頂ければ約2週間~1か月でお届けが可能です。
テンプレートありをご希望の方は、お好きなテンプレートをお選びいただき、ご注文時に氏名や連絡先等の名刺に記載したい情報を入れていただければ、その内容でデータを作成いたします。
印刷はモノクロのみ対応しており、片面・両面どちらかを選ぶことができます。

SDGsの考えが重要視される昨今、この名刺がコーヒーに携わる方はもちろん、SDGsや環境問題に関心のある方々に届き、会話のきっかけとなればと思っております。
 
  • 会社情報
コーヒーゴミの問題はコーヒーゴミ廃棄の当事者であるバリスタが向き合うべき課題であるという考えの下、「コーヒーゴミを活かして減らして無くしてく」をミッションにバリスタ二人が設立。


社名:GROUNDS合同会社
共同代表:竹下亮 鈴木雪姫
本社:大阪府大阪市西区江戸堀2丁目1-1 江戸堀センタービルB1F
事業内容:コーヒー残渣の商品化および販売
HP:https://since-grounds.myshopify.com/
Instagram:https://www.instagram.com/caffe_latte_grounds/


 
  1. プレスリリース >
  2. GROUNDS合同会社 >
  3. 5月4日 名刺の日 コーヒーカスの再生紙でオリジナル名刺の作成サービスを開始。