ダイレクトクラウドが、「オンラインストレージの利用実態」に関するアンケート調査を実施

法人向けオンラインストレージ「DirectCloud-BOX」を提供する株式会社ダイレクトクラウド(本社:東京都港区、代表取締役社長:安 貞善)は、2018年11月1日~11月10日にかけて「オンラインストレージの利用実態」に関するアンケート調査を実施しました。
【調査概要】
集計期間:2018年11月1日~11月10日
調査対象:業務でオンラインストレージを利用している方
調査人数:330名
調査方法:インターネット・アンケート

【背景】
国内のオンラインストレージ市場は、メール誤送信での情報漏洩対策や大容量ファイルの受け渡し、厚生労働省が推進する「働き方改革」に伴う自宅や外出先からのファイルアクセス、万が一の災害に備えたバックアップなど、様々な需要が見込まれることから、今後も高い成長率で推移すると予想されます。こうした背景から本調査は、業務でオンラインストレージを利用している方に限定し、導入状況や導入目的、現在利用中のオンラインストレージなどの利用実態を把握し、顧客のニーズに沿った製品開発の参考にするため実施いたしました。


業務で法人向けオンラインストレージを利用しているユーザーは54.5

業務で法人向け・個人向けに関わらず、オンラインストレージを利用していると答えた方330人の内、法人向けオンラインストレージを利用していると答えた方は、54.5%ということが分かりました。無料サービス利用は23.9%と全体の1/4近くを占めています。
また個人向け有料サービスを使う企業も6.1%存在します。
 



「Googleドライブの利用が18.8%と1番高い。

業務で法人向け・個人向けに関わらず、オンラインストレージを利用していると答えた方330人の内、現在利用しているオンラインストレージで一番利用が多かったのは、Googleドライブで18.8%。次いでOneDrive for Business 16.4%、Dropbox Business 16.1%となっています。
法人向けだけでなく、個人向けサービスも提供しているベンダーが上位を占めています。
 



オンラインストレージ導入の決め手は「セキュリティ」

オンラインストレージ導入の決め手となったのは、セキュリティが最も高く36.1%。次が使い勝手で32.7%。価格は32.4%となります。「高セキュリティ」で「使いやすいUI」を実装したオンラインストレージを「安価に使いたい」というニーズがこの表から見て取れます。
 



※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

全てのアンケート結果を見たい方は下記リンクを参照
https://directcloud.jp/questionnaire

本プレスリリースのPDF
https://prtimes.jp/a/?f=d400-20190304-5942.pdf


■株式会社ダイレクトクラウドとは?

株式会社ダイレクトクラウドでは、法人向けオンラインストレージ「DirectCloud-BOX」を中心としたクラウドサービスを提供しています。
DirectCloud-BOXは「大容量ファイル転送」「社内外とのファイル共有」「ファイルサーバーのクラウドストレージ化」を安全かつ手軽に実現できる法人向けオンラインストレージです。
セキュリティと利便性を兼ね備えたDirectCloud-BOXを利用することで、自社内・国内外拠点との大容量ファイルの受け渡し、スマートデバイスの企業活用、ファイルサーバーのクラウド化などを安全かつ手軽に実現できます。
また、ユーザー数無制限であることから高い費用対効果を実現できます。


■会社概要
株式会社ダイレクトクラウド
本社   : 〒105-0021 東京都港区東新橋2-12-1 PMO東新橋 7階
代表者  : 代表取締役社長 安 貞善
設立年月日: 2004年 5月
資本金  : 99,100,000円
事業内容 : DirectCloud-BOXの提供
紹介ページ:https://directcloud.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ダイレクトクラウド >
  3. ダイレクトクラウドが、「オンラインストレージの利用実態」に関するアンケート調査を実施