ジェネロ株式会社が、デジタルトランスフォーメーションに関する情報メディア 『DX Times (ディーエックスタイムズ)』をリリース

オープンソースCMSであるDrupalを利用した企業のデジタルトランスフォーメーション支援事業及びマーケティングオートメーションツール『カミハヤMA』を展開するジェネロ株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役:竹内大志 以下ジェネロ)は、デジタルトランスフォーメーションやデジタルマーケティングに関する情報メディア『DX Times (ディーエックスタイムズ)』をリリースいたしました。

 

1,DX Times (ディーエックスタイムズ)概要

情報メディア名 DX Times (ディーエックスタイムズ)
サイトURL https://dxtimes.net
内容 デジタルトランスフォーメーション、デジタルマーケティング、及びDXを促進するツール関連の記事

※2015年からジェネロが運営しているDrupalマガジン雫の後継情報メディアとして、Drupalマガジン雫の記事を全て移行した上で『DX Times (ディーエックスタイムズ)』をリリースいたしました。
 

 



2,主な特長
(1)先進的なDX、デジタルマーケティングの情報を配信

DX、デジタルマーケティングに先進的な国や企業の事例や情報をいち早く収集し、ご紹介いたします。

(2)DXスターターからエンタープライズの担当者向けまで幅広く情報を発信

DX、デジタルマーケティングの基礎情報から、深掘りされた情報まで幅広く網羅されている為、企業の規模や習熟度合いに関わらず、多くのDX担当者の方が活用できます。

(3)DXを促進するためのツールの解説で具体的にDXを後押し

基礎情報、概要のみならず、DXを促進するための具体的なツールなどの紹介も含まれている為、DX実現の必要な実務的な情報を得ることができます。

3,メディア・出版社向けDrupalディストリビューション Thunder(サンダー)で構築

情報メディア 『DX Times (ディーエックスタイムズ)』は、オープンソースCMS Drupal の出版社向けディストリビューションであるThunder(サンダー)で構築しました。Thunder(サンダー)は出版社向けに開発されたモジュールが数多く盛り込まれているため、出版社向け及び自社のオウンドメディアに最適なツールです。
今回、ジェネロでは長年のDrupalの開発ノウハウをもとに、自社の情報メディアをCMS Drupal Thunder(サンダー)で構築することで、今後出版社やデジタルマーケティングにオウンドメディアを活用したい企業への導入支援も行うことができます。

Drupal Thunderについての記事は以下になります。
https://dxtimes.net/thunder_released

■ジェネロ株式会社について https://genero.jp

ジェネロは、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するデジタルエージェンシーです。オープンソースCMSである『Drupal』をはじめ、マーケティングオートメーションツール『カミハヤMA』を活用したソリューションを提供し、お客様が目指す野心的なデジタルマーケティング、デジタル体験を実現致します。

設 立:2003年3月
所在地:東京都大田区山王2丁目5-6 山王ブリッジ B1-5 (本社)
代表者:代表取締役 竹内大志
資本金:4,500万円

□カミハヤMAについて https://genero.jp/kamihaya-ma
最短30分でキャンペーン開始ができるマーケティングオートメーションツールです。
導入することで、少ない労力で効率的にデジタルマーケティングを行うことができます。

[本件に関するお問い合わせ]
企業名:ジェネロ株式会社
https://genero.jp/contact
担当者名:岩田かずみ
TEL:03-6423-6910
Email:info@genero.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ジェネロ株式会社 >
  3. ジェネロ株式会社が、デジタルトランスフォーメーションに関する情報メディア 『DX Times (ディーエックスタイムズ)』をリリース