フライウィール、顧客一人ひとりにパーソナライズした体験を提供できる「パーソナライズプラットフォーム」のホワイトペーパーを公開

~顧客満足度と CV 向上の新たな糸口となる「パーソナライズ プラットフォーム」のホワイトペーパーを公開~

株式会社フライウィール(本社:東京都千代田区、代表取締役:横山 直人、以下「フライウィール」)は、顧客一人ひとりにパーソナライズした体験を提供できる「パーソナライズプラットフォーム」を総括したホワイトペーパーを公開しました。ホワイトペーパーは以下URLより無料でダウンロードいただけます。
https://conata.flywheel.jp/lp/whitepaper-dl


◆ ホワイトペーパー公開の背景

オンライン・オフラインを問わず、顧客一人ひとりにパーソナライズした体験を提供することは、近年増々重要になっています。

すべての顧客接点においてパーソナライズは重要ですが、特にウェブサイトにおけるレコメンド(おすすめ機能)や検索(サイト内検索やアプリ内検索)を高度にパーソナライズすることは、その第一歩として必須となっています。

しかしながら、Google や Facebook、Amazon、Netflix、Tiktokといったレコメンドや検索を強みとするグローバルプレーヤーと比べると、最先端の AI を十分に活用できている国内企業はあまり見当たりません。

そこで、パーソナライズ、特にレコメンドやサイト内検索を見直されている方々や既存のツールに満足いっていない方々に向けて、ホワイトペーパーをリリースすることにしました。


◆ こんな方におすすめ

コンバージョン率が低い、リテンションが低いなどの課題を持つマーケター
一人ひとりに個別のUX提供が課題だと捉えているプロダクトマネージャー
Amazon や Netflix のようなパーソナライズを導入してみたい事業責任者
パーソナライズ観点で抑えておくべきポイントを知りたい新規事業担当
 

◆ パーソナライズ プラットフォーム「Conata(コナタ)™」について

Conata (コナタ)™ は、AIによるオンリーワンの価値を創造し、究極の顧客体験を実現するパーソナライズプラットフォームです。利用者1人ひとりの状態・状況に応じた適切な商品・コンテンツを検索・レコメンド(オススメ)・広告の3つ形態で配信します。

Conata という名前は「クライアントと一緒になって、顧客1人ひとりのそばに寄り添った意思決定をサポートする」ことを意味しています。語源である「此方(こなた)」は「こちらのほう」という意味ですが、その対象は自分のことでも、相手のことでも用いることができます。

詳細は以下のブログ記事をご参照ください。

フライウィールが提供するパーソナライズプラットフォーム「Conata (コナタ)™」
https://www.flywheel.jp/blog/20210202/
 

◆ 本資料の概要(一部ページ)


ホワイトペーパー は以下URLより無料でダウンロードいただけます。

https://conata.flywheel.jp/lp/whitepaper-dl


◆フライウィールについて

フライウィール(本社:東京都千代田区、代表取締役:横山 直人)は、「データを人々のエネルギーに」をミッションに、世界的なプラットフォーマーで経験を積んだエンジニアと、日本企業で国内市場特有の商習慣の理解や知見を持つエンジニア、データで実現する産業の構造改革の可能性を信じるビジネスチームの集合体です。

Conata (コナタ)™ は、AIによるオンリーワンの価値を創造し、究極の顧客体験を実現するパーソナライズプラットフォームです。利用者1人ひとりの状態・状況に応じた適切な商品・コンテンツを検索・レコメンド(オススメ)・広告の3つ形態で配信します。

https://www.flywheel.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フライウィール >
  3. フライウィール、顧客一人ひとりにパーソナライズした体験を提供できる「パーソナライズプラットフォーム」のホワイトペーパーを公開