デジタルキャンペーンのコンバージョン最大化に最適なWeb広告の露出時間と回数とは?

トヨタ自動車など3社のIAS「オンラインコンバージョンリフト」活用事例を無料公開

IAS
アドベリフィケーションのグローバルマーケットリーダーIntegral Ad Science (本社:米国ニューヨーク、CEO:リサ・アッツシュナイダー / 日本オフィス:東京都千代田区、マネージングダイレクター:藤中太郎、以下 IAS)は、GroupMスカンジナビアと共同で、トヨタ自動車、ラディソンホテル、KvikキッチンがIASのソリューション「オンラインコンバ―ショ リフト(OCL)」を利用し、デジタルキャンペーンのROI(費用対効果)向上を達成した活用事例を公開しました。
オンラインコンバ―ションリフトは、デジタルキャンペーンを分析することで、キャンペーンの無駄を削減し、効果を最適化するために必要な具体的なアクションを導き出すためのデータを提供する、IASの最新ソリューションです。本ケーススタディは、ラディソンホテル、トヨタ自動車、Kvikキッチンに提供されたOCLの実践的知見の有効性を検証するもので、広告が見られている(ビューアブルである)ことが、その他のデジタル広告指標とともに売り上げにもたらすインパクトについて分析しています。今回の事例調査を通じて、ビューアブルなインプレッション、露出頻度、タイムインビュー(蓄積閲覧時間)がコンバージョンと売り上げに大きく貢献することが証明されました。

事例の無料ダウンロードはこちら:
https://go.integralads.com/jp-groupm-online-conversion-lift-case-study.html

 


■ 事例概要
トヨタ自動車:
世界的自動車メーカーのトヨタは、デンマークで実施したオンラインコンバージョンリフト調査の結果を活用し、プログラマティック広告戦略のインパクトを可視化するとともに、デジタルキャンペーン効果の最大化に貢献する媒体を特定することに成功しました。ビューアビリティ、露出頻度、そしてタイムインビューの基準を満たしたインプレッションは、そうでないものと比較して83%、コンバージョン数で3,679件も増加しました。

ラディソンホテルグループ:
ビューアブルなデジタルキャンペーンはそうでないキャンペーンと比較して1,470件、67%の客室予約増をもたらしたのです。また、コンバージョンを最大化させるために最適なフリー件シーキャップを特定することもできました。
ラディソンは、オンラインコンバージョンリフトの活用を通じて、ビューアビリティがデジタル広告キャンペーンによるコンバージョンの増加に貢献することを、データを通じて理解することができました。今回得た知見を活用し、今後は追加費用なしにコンバージョンを向上させ、メディア購入戦略を立てることができます。

Kvik:
デンマークのキッチンメーカーKvikの事例では、ビューアブルなキャンペーンのインプレッションと来店者数との相関性が明らかになりました。プログラマティック広告においてビューアブルなインプレッションはそうでないものと比較して79%、3,270人の来店増につながっていることが分かったのです。また、コンバージョンに最適なフリーケンシーキャップを特定できただけでなく、来店者数増加に寄与するメディアパートナーの特定にも成功しました。

 

■ ポイント
今回の調査に参加したトヨタ自動車、ラディソンホテルグループ、Kivikは、互いに大きく異なるマーケットで事業を展開しているにもかかわらず、いずれもOCLのデータを活用してデジタルキャンペーンの結果を引き上げることに成功しました。OCLが提供するデータから、デジタル広告の可能性を最大限に引き出すことのできる具体的な打ち手を特定し、キャンペーンを最適化。ビューアビリティ、露出頻度、タイムインビューと、コンバージョンやキャンペーン効果改善との相関性を算出することで、コンバージョン獲得の押し上げにつながる実践的知見を得ることができる例を示しました。


オンラインコンバージョンリフトの詳細はこちら:
https://integralads.com/jp/capabilities/online-conversion-lift/



*当リリースは、2019年10月2日(現地時間)に米国ニューヨーク州ニューヨークで発表した内容をもとに作成されたものです。必ずしも日本の状況を反映したものではないことをご了承ください。
---------------------------------------------------------

【IAS(インテグラル アド サイエンス)について】 www.integralads.com/jp/
Integral Ad Science (インテグラル アド サイエンス、IAS) は、洗練されたテクノロジーで高品質な広告メディア環境の実現をサポートするアドベリフィケーションのグローバルリーダーです。IASは、広告主とパブリッシャーの皆様の広告予算を広告不正やブランド棄損のリスクから守ると同時に、消費者のアテンションを獲得し、ビジネスのゴールを達成するために必要なインサイトとテクノロジーを提供しています。
IASは2009年に創業、米国ニューヨークに本社を構え、13か国・17都市で事業を展開しており、世界トップレベルのソフトウェア企業とともにVista Equity Partnersのポートフォリオに名を連ねています。世界中のパブリッシャーと広告主が、単純なインプレッションを超え、素晴らしい印象(インプレッション)を与え続けるためにIASができることについて、くわしくは公式サイトにアクセスしてお確かめください。www.integralads.com/jp/

 

Integral Ad Science, Inc.
代表者     :リサ・アッツシュナイダーCEO
所在地     :95 Morton Street, 8th floor, New York, NY 10014
設立        :2009年5月
事業内容  :デジタル広告の検証・不正対策・最適化のためのデータとソリューションの開発と提供

Integral Ad Science Japan 株式会社
所在地     :〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井タワー12F
代表        :藤中太郎(マネージングダイレクター)
開設        :2015年7月
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. IAS >
  3. デジタルキャンペーンのコンバージョン最大化に最適なWeb広告の露出時間と回数とは?