テレワーク/リモートワーク推進支援「クラウド電話システム無償提供」のお知らせ

新型コロナウイルスの発生を踏まえたテレワークの一層の推進についてクラウドCTI「BlueBean®」による無償提供を開始

株式会社ソフツー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鍾 勝雄)は令和2年2月25日に政府より発表された「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」(https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000599698.pdf)においてテレワーク/リモートワークの一層の推進を支援すべく、提供するクラウド型コールセンターシステム「BlueBean®」を無償提供いたします。

 


■クラウドによる電話システムのテレワーク/リモートワーク活用
数年前よりクラウド環境による電話システムをテレワーク/リモートワークで活用したいというご相談を承っておりましたが、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの企業でテレワーク/リモートワーク導入の検討を開始しています。

テレワーク/リモートワーク導入にあたり、喫緊の課題は円滑なコミュニケーションツールの利用になります。在宅であっても事業所で働く場合と同等の環境を、BlueBeanによってクラウド上に構築することによってインターネットとPC、USBヘッドセットだけで安価に各業務PCを電話機に変え、内線化によってグループ着信や代表発信、電話会議などの機能が利用可能になります。

 ソフツーではテレワーク/リモートワークを初めて検討される担当者の方にも、コミュニケーションの課題解決の一つとして利活用いただきやすくするため、以下の内容で無償提供いたします。
 
提供内容 クラウド型コールセンターCTIシステムBlueBean(SaaSサービス)
提供対象 テレワーク/リモートワークを検討している企業さまで、3月中にご契約いただいた場合
無償範囲 50ライセンスまでの導入に対し次の事項を無償にいたします。
(1)ライセンス初期費用
(2)3月末日までのライセンス月額費用
お申し込みサイト https://www.bluebean365.jp/

※ 通常の場合、1ライセンスは初期費用5,000円、月額費用5,000円になります。

※ 無償提供の期間を過ぎてご利用する場合は、上記の通常料金が発生いたします。
※ 電話回線の契約はお客様にて別途必要となります。
※ 予定企業数を50社としております。上限に達し次第、受付終了の予定です。
※ 23日現在、テレワークに対する行政による支援が充実してきたため、予定通り3月末で終了いたします。

BlueBeanについて
「BlueBean®」は、アウトバウンドおよびインバウンドをはじめとして様々な業務にマルチに対応できる高機能CTIをコンセプトに、1ライセンス(同時発着信数1および同時オペレータログイン数1)単位での価格体系で低価格での提供を可能にしたクラウド型コールセンターシステムです。コールセンターで求められるCTI機能が月額1万円(2ライセンス~)から導入でき、あらゆる規模の電話業務に最適なソリューションです。
URL: https://www.bluebean365.jp/

株式会社ソフツーについて
株式会社ソフツーは、コーポレートスローガン”Voice for innovation”をかかげ、通信技術・通話技術の発展とともに、社会へ新たな価値を提供する会社です。クラウド型コールセンターシステムサービス事業、SIP/VOIP機器販売事業、ホテル用電話機販売事業など、音声通話ソリューションを中心としたさまざまなサービスを行っています。
URL: http://www.softsu.co.jp/


本件に関するお客様からのお問い合わせ先
株式会社ソフツー 担当:児玉 豊
TEL:03-4455-7300 受付時間:10:00~18:00 (土・日・祝日・年末年始など当社指定休日を除く)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ソフツー >
  3. テレワーク/リモートワーク推進支援「クラウド電話システム無償提供」のお知らせ