【自己成長×正当な評価=やりがい】入社前後でギャップを抱える割合は8割近くも!?やりがいを求める新入社員が考える、企業に取り組んでほしいこととは・・・?

入社前と入社後のギャップに不安を感じている新人の皆さんへ

この度、株式会社アーキ・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:今井雅已)は、新卒・第2新卒の方を対象に「入社前・入社後のギャップ」に関する調査を実施しました。
長かった大型連休も終わり、この春入社した新卒・第2新卒の方は研修期間を終え、現場でのOJTも始まっている頃でしょう。

業務が本格化し社会人生活にも慣れ始めた今、学生時代にイメージしていた"社会人像"とはどのような違いがあるのでしょうか。

今回、株式会社アーキ・ジャパンhttps://akijapan.co.jp/)は新卒・第2新卒の方を対象に、「入社前・入社後のギャップ」に関する調査を実施し、この春入社した方の本音を調べました。

調査概要:「入社前・入社後のギャップ」に関する調査
【調査日】  2019年5月18日(土)~ 2019年5月24日(金)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,052人
【調査対象】 新卒・第2新卒の方
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
 
  • 入社前後を比較したときにギャップを感じた方は8割近くも!それは良いギャップ?それとも・・・?

 


まず、「入社前と入社後を比較したときギャップを感じましたか?」と質問したところ、「はい」という意見が8割近くを占める結果となりました。
そこで、「そのギャップは良いギャップですか?悪いギャップですか?」と質問したところ、8割の方が「悪いギャップ」と回答しました。
理想と現実の違いにショックを受けられた方が大変多いようですが、どのようなギャップを感じたのでしょうか。
 
  • ギャップの良し悪しを大調査!最も開きのある項目は・・・?

 


「悪いギャップの内容を教えてください」と質問したところ、「拘束時間」-25.5%が最も多く、次いで、「仕事にやりがいを感じられない」-25.1%「人間関係」-19.9%「給与」-17.7%「休日」-7.9%と続きます。


様々な研修を受ける機会の多い新卒・第2新卒の方は、効率の良い業務の進め方がまだ身についていないため、どうしても拘束時間が長く感じたり、想像していたよりも地味な作業の繰り返しでやりがいを感じられなかったりと、ギャップを感じることが多いようです。

反対に、「良いギャップの内容を教えてください」と質問したところ、「人間関係」-43.8%が最も多く、次いで「拘束時間」-15.6%「仕事にやりがいを感じられる」-15.6%が同数、「休日」-13.8%「給与」-9.4%、と続きます。
「人間関係」の選択肢以外の割合はほぼ一緒になりましたが、どの職場でも良き理解者がいるということが救いとなっているようですね。
上記の調査により、新卒・第2新卒の方は仕事に対する期待値が大きくなり、理想と現実のギャップに開きが出やすくなるということがわかりました。
 
  • 皆さんの求めるやりがいとは・・・?企業に求めることは近年話題の「○○」が上位に

 


上項で「やりがい」に対してギャップを感じる方が多いことから、その差を小さくすることが仕事をする上で重要な事のひとつであることがわかりました。では、どのようなことに対してやりがいを感じるのでしょうか。
「やりがいを感じる項目を教えてください」と質問したところ、「スキルアップしている実感」-34.1%が最も多く、次いで「給与」-29.1%「専門性の高さ」-19.3%「家族や友人に自慢できる仕事」-11.5%と続きます。

「スキルアップしている実感」と「給与」が上位になっていることから、「成長」と「評価」のバランスが取れたとき、「やりがい」を感じるのではないでしょうか。

実際に「理想と現実のギャップを埋めるために企業に求めることを教えてください」と質問したところ、近年話題の働き方改革の影響によるものなのか、「働き方の見直し」-27.1%「給与査定の見直し」-24.9%が上位となりました。次いで「職場環境の改善」-18.2%「フォローアップ体制の充実」-15.9%「充実した研修制度の導入」-9.5%「規模の大きい案件の受注」-3.3%と続きます。

新卒・第2新卒の方は仕事だけでなく、様々なことを期待しています。しかし、理想と現実のギャップが大きければ大きいほどフラストレーションが溜まり、大変つらい思いをすることでしょう。経験の少ない若者にとってそれは避け難いものかもしれません。
新入社員が理想と現実のギャップを回避するためには、働く上で優先することと企業の体制が合致しているかを的確に把握し、やりがいを追求できる企業を見抜くことが重要となります。
自分にとって本当の「やりがい」を感じられるよう、有益な情報を収集するためのアンテナを常に張っておくこと。それが期待通りの社会人生活を送るために必須の感性と言えるでしょう。
 
  • 【夢の実現を全力サポート!】株式会社アーキ・ジャパン
 

 


「需要が高く、強いやりがいを感じることができる仕事」
「今後のキャリアアップのために学ぶことができる職場環境」

そんな若者の理想を叶えられるのが、株式会社アーキ・ジャパンhttps://akijapan.co.jp/)です。

高度成長期に造られ老朽化した全国のインフラ設備の大規模補修や、リニア中央新幹線の開通工事など、建設業界のニーズはどんどん高まっています。
「未経験だけど、大きな現場で正社員として活躍したい」
「経験を積んで、プロフェッショナルとして働きたい」
株式会社アーキ・ジャパンは、そんな夢の実現を全力でサポートします。

建設現場は専門用語が飛び交い、図面は暗号のように複雑で、強面の職人さんが目にも留まらぬ速さで作業をしています。そんな現場に立った時、不安を感じるのも無理はありません。
しかし、アーキ・ジャパンの導入研修は、充実の1ヶ月間で、知識や技術の習得量が圧倒的です。
最大3ヶ月まで研修の延長が可能なので、すべてのエンジニアが同等の技術と知識、そして自信を備え、プロフェッショナルとしてキャリアをスタートさせることができます。

また、アフターフォロー専任スタッフ(CSグループ)によるしっかりとしたサポートが制度化されているので安心して働くことができます。勤務先も充実しており、受け入れ先が多数選べるのも嬉しいですね。
親子や兄弟で働いている方もおり、「家族や友人に紹介できる会社」というところも大きなポイントではないでしょうか。

転職を考えている方は、未経験でも現場責任者として後世に残るやりがいのある仕事ができるアーキ・ジャパンに、ぜひお気軽にご相談ください。

[ 本件に関するお問い合わせ ] 
株式会社アーキ・ジャパン 広報担当 大江 
■TEL:03-5909-2521 
​■メールフォーム:https://akijapan.co.jp/contact
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アーキ・ジャパン >
  3. 【自己成長×正当な評価=やりがい】入社前後でギャップを抱える割合は8割近くも!?やりがいを求める新入社員が考える、企業に取り組んでほしいこととは・・・?