「子連れMBA」がGoogleの非営利団体支援プログラムで世界の7800団体からファイナリストに選ばれました

​「子連れMBA」を運営する一般社団法人ぷちでガチは、Googleの非営利団体向けの支援プログラム「 Google.org インパクトチャレンジ for Women and Girls」にて、 数々の審査を通過し、全世界7,800団体の応募から最終選考に残りました。

私たちが応募したのは「日本中の隠れた宝石を磨く:社会を変え好循環を生み出す、変化を生みだす女性リーダーの育成」というテーマです。熱い子育て世代が集う「子連れMBA」のコミュニティを基盤とし、デジタルを駆使したプログラムを日本中に広めることで、女性管理職や女性起業家の輩出に限らず、半径5mの周囲から変化を起こすリーダー、子育て世代の「マイクロチェンジメーカー」をうみだすというアイデアです。


ジェンダーギャップ指数が156か国中120位と下位の日本。特に私たちの活動の発祥である関西では首都圏と状況が大きく違い、まだまだ旧来の働き方が残り、子育てをしながら思いっきり働くことはなかなか容易ではありません。

 

子どもを持つことで、これまで見えなかったものが見え、これまでの「あたりまえ」に疑問が生まれた。そんな私たちこそ、日本のなかなか変わらない「あたりまえ」を変える役割があると考えています。

残念ながら採択にはいたりませんでしたが、全世界の7,800団体の中からファイナリストに選ばれたことで、このアイデアが世界的にも重要なテーマと認められたことを自信とし、実現に向けて進めています。子育て世代の「マイクロチェンジメーカー」をうみだす、新しい形のリーダーシッププログラムは、今後プロトタイプでの実証を経て、2022年4月にローンチ予定です。

「No Wall(内にも外に壁はない)」を行動指針に掲げる私たちは、創業時から応援していただいている大学教員や実務家のみなさまを始め、企業や団体、行政から、子育て世代の参加者など、様々なみなさまとの共創によって、子育て世代から日本の「あたりまえ」を変えていきます。

(参考)

Google.orgインパクトチャレンジへの挑戦の過程をつづったnote

https://note.com/mihoakasaka/n/n93ab307c7410

 

Google.orgインパクトチャレンジ for Women and Girls 2021

https://impactchallenge.withgoogle.com/womenandgirls2021?lang=ja


■一般社団法人ぷちでガチとは
子育てでえた視点で日本の”あたりまえ”を変える、子育て世代のためのラーニングコミュニティ「子連れMBA」を運営する関西発祥の非営利団体です。

2015年、「会社ではできないことにチャレンジしたい」という関西の育休中の母親たちによる赤ちゃん連れのガチな勉強会が発祥です。最初は数人から始まったメンバーの輪が口コミで徐々に広がり、100回以上のイベント・勉強会にはのべ3,000人が参加するようになりました。2020年には完全オンライン化し、全国・全世界のワーキングペアレントのエンパワメントに取り組んでおります。

また、「子連れの日(5月20日)」を記念日登録し、企業や行政など、さまざまなステークホルダーとの協業により、子育て世代から多様性豊かな社会を育む活動を行っております。


■法人概要

商号 : 一般社団法人ぷちでガチ(非営利徹底型一般社団法人)
代表者 : 代表理事 赤坂 美保
所在地 : バーチャルで全国で活動(登記住所は京都)
設立 : 2017年3月
事業内容: 各種教育サービス・キャリア支援
URL : https://kodure-mba.puchigachi.com/summaryjapanese/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人ぷちでガチ >
  3. 「子連れMBA」がGoogleの非営利団体支援プログラムで世界の7800団体からファイナリストに選ばれました