将来予測型ピープルアナリティクスサービスを展開するトランス 著名ベンチャー経営者らからシードラウンドにて総額5,000万円を資金調達

AI(機械学習)が採用候補者の入社後活躍・退職確率を予測する将来予測型ピープルアナリティクスサービス「TRANS.HR」を展開する株式会社トランス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:塚本 鋭)は、株式会社メルカリ 小泉 文明氏、株式会社キープレイヤーズ 高野 秀敏氏、株式会社クラウドワークス 吉田 浩一郎氏、エンジェル投資家 有安 伸宏氏らを引受先とする第三者割当増資および融資により、累計約5,000万円の資金調達を完了しました。
当社では今回の調達資金を元に正式版ローンチに向けて研究・開発を進めて参ります。

 


資金調達の概要
資金調達額: 総額 約5,000万円
引受先  :
・エンジェル投資家 有安 伸宏 氏
・株式会社メルカリ ( https://about.mercari.com/ ) 取締役President (会長) 小泉 文明
・株式会社キープレイヤーズ( https://keyplayers.jp/ ) 代表取締役 高野 秀敏
・株式会社クラウドワークス ( https://crowdworks.co.jp/ ) 代表取締役社長 CEO 吉田 浩一郎
・その他 
(50音順)



■サービス概要
「TRANS.HR」(トランスエイチアール)は、AI(機械学習)が採用候補者の入社後活躍・早期退職を予測するピープルアナリティクスサービスです。採用から退職までの HRデータを一元管理・分析できる基盤と、HR に特化した機械学習(AI)の予測アルゴリズム(特許申請中)を備えています。100 種類以上の適性検査データに対応するほか、未来予測に最適化された独自の「TRANS.適性診断」の提供もしています。
人材採用において、「勘」や「経験」だけに頼るのではなく、事実・データに基づき、実際の自社従業員と採用候補者を比較・分析することで、入社後活躍・早期退職を高い精度で予測することが可能です。2019年6月の β 版公開から7ヵ月で、上場企業を中心に 120社以上に利用されています。


会社概要
会社名:株式会社トランス(TRANS.,inc.)
事業内容:TRANS.HRの企画・開発・販売・運営・サポート
所在地:東京都渋谷区恵比寿2-28-10
設立:2018年4月
代表者:塚本 鋭


■代表者プロフィール
塚本
東京大学・大学院において、機械学習(AI)や大規模シミュレーションに関する研究に従事。人工知能学会研究会優秀賞・東京大学工学系研究科長賞(総代)等を受賞。大学院修了後、株式会社野村総合研究所にコンサルタントとして入社し、ICT・メディア領域を担当。
2013年に株式会社クラウドワークスに参画し、2014年に上場を経験。プラットフォーム事業のデータ分析・産官学連携を主担当すると共に、B2B事業責任者、カスタマーサポート部門責任者、子会社副社長等を歴任。2018年に株式会社トランスを設立。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アッテル >
  3. 将来予測型ピープルアナリティクスサービスを展開するトランス 著名ベンチャー経営者らからシードラウンドにて総額5,000万円を資金調達