サブスク向けLTV/解約率改善ツール「KiZUKAI」、Incubate Camp 13th にて総合順位4位を獲得

起業家と投資家の合同合宿「Incubate Camp 13th」が10月2〜3日に開催され、サブスク向けLTV/解約率改善サービス「KiZUKAI」を提供している株式会社KiZUKAIが総合順位4位を獲得したことをお伝えいたします。



「Incubate Camp」はベンチャーキャピタルのインキュベイトファンドが開催する、シード・アーリー段階のスタートアップの起業家と投資家の合同合宿です。これまで、約220名の起業家が合宿に参加し、Incubate Campをきっかけとした累計調達金額は約270億円を超えています。
 


今回は過去最多の473社の応募から、予選を勝ち抜いた16社で決勝プレゼンを行い、KiZUKAIは決勝出場企業16社のうち総合順位4位を獲得しました。

■代表・山田よりコメント
選ばれた起業家と有名な投資家が集い、意見交換をしながら、ビジネスのブラッシュアップを支援する「Incubata Camp」は非常に素晴らしい場だと思います。運営の皆様にはとても感謝しております。また、投資家の皆様から頂いた助言は非常に参考になるものばかりでした。「ユーザー想いのサービスで溢れる世の中に」をビジョンに、Incubate Campでの気づきを活かし、更に社会貢献ができるサービスへと育てていきたいと考えています。

■KiZUKAIについて
・国内初 サブスクリプション事業者向け LTV/解約率を改善するサービス「KiZUKAI」

国内サブスク市場は2023年までに1.4兆円となる急成長市場。今後様々なサービスがサブスク化していく中で、“解約率“への取り組みは最重要テーマです。しかし解約率の改善の実態はまだ手探りの企業多く、そのボトルネックとなっているのがデータ活用となります。KiZUKAIを利用すれば、すぐに活用できる形で顧客データを収集・蓄積し、顧客分析を自動化。複雑な顧客データの活用を簡単にし、LTV/解約率の改善を支援するツールです。
https://kizukai.com/ 


■「Incubate Camp」とは
本気で資金調達を目指すシード・アーリーステージ起業家のための、1泊2日の起業家/投資家合同経営合宿です。年に一度の開催となり、より創業初期から起業家とパートナーシップを組み、事業創造を支援していく為に立ち上げたプログラムです。 昨今の起業支援環境や事業トレンドの変化を踏まえ、シード資金提供にとどまらず、数千万〜億円単位の資金提供を含めたプログラムとして運営しています。
https://incubatefund.com/community/incubate-camp/

■会社情報
・会社名 :株式会社KiZUKAI(キヅカイ)
・所在地 :〒164-0012 東京都中野区本町5-22-9 3F
・代表者 :山田 耕造
・事業内容:
 ・プラットフォーム事業
  − LTV/解約率改善ツール「KiZUKAI」の開発・運営
 ・メディア事業
  − 顧客体験にまつわる情報発信メディア「CXLab.」の企画・運営
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KiZUKAI >
  3. サブスク向けLTV/解約率改善ツール「KiZUKAI」、Incubate Camp 13th にて総合順位4位を獲得