デジタルマーケティングプラットフォーム「Squad beyond」、新たに「フォーム」機能を追加。お問い合わせから決済までの各種フォームをクリック操作のみで作成・設置可能に

申し込みまでのデータを解析・参照し顧客ごとの対応を瞬時に最適化

株式会社SIVA(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:杉浦 稔之、以下SIVA)は、LP(ランディングページ、以下LP)の「制作から改善まで」をワンストップで実行可能にするデジタルマーケティングツール「Squad beyond」において、2021年6月7日より新たに各種フォームの作成及び申し込みデータの解析を含むフォーム運用をサポートする「フォーム」機能を提供開始いたします。デジタル広告の運用からフォームの運用までが簡単クリック操作で可能になることは、デジタルマーケティングにおける作業時間を大幅に短縮させ運用コストの抑制に繋がるだけでなく、特にBtoB事業のインサイドセールスにおける商談獲得までのプロセスの効率化など、組織をまたいでの事業改善に効果を発揮します。

  • 「フォーム」機能とは
■クリック操作でLP内にフォーム設置

 

 

この度Squad beyondで各種申込やお問い合わせ、さらには決済の際に利用されリード獲得や新規顧客の獲得、決済から売上管理が可能な「フォーム」機能がリリースされました。
クリック操作のみで作成、設置が完了できるだけでなく、LPの制作・運用機能が一体化しているSquad beyondの特性を生かし、CVタグの設置不要、CV経路解析、効果改善に必要な分析や設定が極限まで簡素化され効率化されていることが特徴です。

■ダッシュボード

 


LP作成→フォーム作成&LP内設置→配信→ダッシュボード確認

上記ワークフローを、コーディングやレポートの複雑な設定等を行うことなく直感的な操作で完結させることで、制作・分析・結果検証のサイクルを高速で回すことが可能になります。
 
  • 一気通貫したデジタルマーケティングで事業成長を加速
■フォーム作成画面

 


今回の新機能「フォーム」は

・お問い合わせフォーム
・各種申込フォーム
・決済フォーム

など、目的によって様々な使い方ができます。

また、フォーム入力により入手した相手の連絡先などの基本情報だけでなく相手がどのバナーをクリックし、LPのどこに注目してお問い合わせ・申し込みに至ったのか把握することができます。

特にBtoB事業のインサイドセールスにおいて、相手の状況をどの粒度まで把握しているかは商談化率と密接に関係していますが、現場で業務にあたる担当者がそれらの情報を部署をまたいで把握することが難しく、画一的なインサイドセールスが生まれ、逆に顧客離れを起こすなどの問題が発生していました。

Squad beyondフォームを活用することにより、それらの組織課題を解決し迅速かつ継続的な事業成長を実現します。

Squad beyondは、今後もより効果をもたらすデジタルマーケティングツールとして成長を続けます。

▼Squad beyond サービスサイト▼
https://service.squadbeyond.com/

【株式会社SIVA 会社概要】
会社名:株式会社SIVA
代表者:代表取締役 杉浦 稔之
設立:2016年10月
所在地:東京都中央区入船2-3-7 TSUKIJI EAST SQUARE 7F
ホームページ:https://siva-s.com/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SIVA >
  3. デジタルマーケティングプラットフォーム「Squad beyond」、新たに「フォーム」機能を追加。お問い合わせから決済までの各種フォームをクリック操作のみで作成・設置可能に