ジェイアール東日本企画とVpon JAPAN、訪日外国人のインバウンドデータ分析サービス提供による観光地デジタルマーケティング施策において業務提携を開始 〜アフターコロナで変わりゆくインバウンド〜

株式会社ジェイアール東日本企画(代表取締役社長:原口 宰、以下jeki)とVpon JAPAN株式会社(代表取締役社長:篠原好孝、以下Vpon)は、各地域の観光地や企業がより効果的にインバウンド対策を行うため、インバウンドデータ分析サービス提供に関する業務提携を開始いたします。本提携により、両社の強みを活かした各観光地域や各企業へのデジタルマーケティング施策支援を行い、日本のインバウンドデジタルマーケティング並びに地域活性化を加速させていきます。

 

図1:株式会社ジェイアール東日本企画とVpon JAPAN株式会社の業務提携開始図1:株式会社ジェイアール東日本企画とVpon JAPAN株式会社の業務提携開始


・背景と経緯
少子高齢化などの問題を背景に、各地域の観光業における訪日外国人へのプロモーションは地域経済の活性化を実現するための重要な要素のひとつとなっています。昨今の新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、訪日旅行者数は局地的に激減していますが、これまでの右肩上がりの増加傾向を踏まえると、観光立国としての成長の道を歩んでいることは事実です。すなわち、新型コロナウイルス収束後の景気回復を獲得するために「訪日外国人のデータ分析」や「集客・効果検証」までの一貫したデジタルマーケティングが必要となります。しかし、各地域の観光業がそれぞれ独自で対応することは、データ保有や専門人材の観点から実行困難と考えられます。 
こうした状況を鑑みて、国内に多くの支店・営業所を持ち、地方におけるデジタルマーケティングの知見が豊富なjekiと、訪日インバウンド対策に特化したデータカンパニーであるVponが業務提携を行うことで、訪日外国人へ向けた効果的なソリューションを広く展開することが可能となります。その結果、インバウンドデジタルマーケティングの推進を図ることができると考え、この度の業務提携にいたりました。

・提供サービス詳細
訪日外国人を対象とした、旅ナカ(自地域での旅行中)における行動把握の総合的な可視化を可能としています。旅行者の旅行プロセスにおいて、旅ナカの行動把握は次の誘客戦略に重要な要素となっており、ターゲットに刺さる訴求内容の提供や、効率的な施策に活かすことが可能です。また、データ分析を元としたプロモーション施策から効果検証までの一気通貫型のソリューションも提供可能で、中長期的なインバウンド対策としての活用も可能です。

・分析レポート
1滞在分析レポート(滞在時期、滞在日数、フットプリント、エリア相関)
2移動分析レポート(来訪前エリア、来訪後エリア、来訪直前エリア、来訪直後エリア)
3インサイト分析レポート(性別、モバイル利用状況、興味関心、利用アプリ、現地エリア)
※中国、香港、台湾に対応

・パッケージプラン
三種類の分析レポート、広告クリエイティブ制作(ランディングページ、バナー)、広告配信、効果検証のパッケージ
※香港、台湾に対応

 

 

図2:データ分析から可視化される情報例図2:データ分析から可視化される情報例

 

図3:提供サービス内容(3種類の分析レポートとパッケージ)図3:提供サービス内容(3種類の分析レポートとパッケージ)

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Vpon JAPAN株式会社 >
  3. ジェイアール東日本企画とVpon JAPAN、訪日外国人のインバウンドデータ分析サービス提供による観光地デジタルマーケティング施策において業務提携を開始 〜アフターコロナで変わりゆくインバウンド〜