債権回収会社向け、交渉記録の自動作成ソリューションを提供開始

~独自の会話要約エンジンを活用し、交渉記録の作成時間を大幅に削減~

ベクスト株式会社(代表取締役社長:石井哲、本社:東京都品川区)は債権回収会社向けに、交渉記録の自動作成ソリューション「VextResume サービサーエディション」の提供を開始いたします。
 債権回収会社(サービサー)は、債権管理回収業に関する特別措置法(サービサー法)の適用により、債権者との交渉を詳細に記録した交渉記録(4号帳簿)の作成・保管が義務付けられておりますが、その作成には膨大な時間がかかるだけでなく、その書き方・精度についても担当者個人に依存することが多く、客観的かつ網羅的な交渉記録を作成することが業務上の大きな課題となっておりました。
これに対し、ベクスト社では、独自の会話分析エンジン(特許取得済)を搭載した自動要約ソリューション「VextResume」の要約エンジンと、債権回収会社の導入実績に基づく業務知識・業務ノウハウを組み合わせることで、債権回収会社の業務に特化したソリューション「VextResume サービサーエディション」を開発いたしました。

「VextResume サービサーエディション」では、音声認識をした会話テキストから挨拶・相槌等の不要表現を高速・高精度に除去できるだけでなく、金額表現の抽出や、先方/当方といった交渉記録のフォーマットに合わせた文書の整形など、交渉記録の作成に必要な機能を網羅的に搭載しており、交渉記録の作成時間を大幅に削減することや、その効果の可視化が可能です。
また、姉妹製品である「VextMiner 会話分析オプション」(会話分析ソリューション)や、「VextRecommend」(自動リコメンドソリューション)を組み合わせることで、交渉記録から回収率の高いオペレーターのトークノウハウを分析・抽出することができ、さらに抽出したトークフローをリアルタイムでリコメンドすることで、債権の回収率の向上を実現することが可能です。

本ソリューションはクラウド/オンプレミス双方での提供が可能で、価格は本体価格150万円(税抜)~となっております。今後、ベクスト社は、債権回収会社に対して導入を進めてまいります。

■(参考)関連プレスリリース
アグレックスとベクスト、イオンフィナンシャルサービスのサービサー事業に音声マイニングソリューションを提供(https://www.vext.co.jp/information/1019/
 
■VextResume サービサーエディションの機能概要
  1. 交渉記録の自動作成機能(不要語削除機能)
  2. 不要語削除ルールのメンテナンス機能
  3. 交渉記録作成にかかった全体の時間の可視化
  4. 音声認識システム連携機能

■VextResume サービサーエディションの画面イメージ


■(参考)音声マイニングソリューション「VextVoiceMiner」 全体図


【本件に関するお問い合わせ】

ベクスト株式会社 経営管理部 伊藤
E-mail : vext_press@vext.co.jp / TEL : 03-4540-1030 (代表)

ベクスト株式会社
代表取締役社長:石井 哲
設立:2013年3月
本社:東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前ビル
URL:https://www.vext.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. ベクスト株式会社 >
  3. 債権回収会社向け、交渉記録の自動作成ソリューションを提供開始