『社内イベントが必要』だと思う人は43%!SNSで繋がるプライベート重視派が増えているのか!?

ベースメントアップス株式会社が、「社内イベントについての調査」を実施しました。

【調査概要:仕事に関する意識調査】
■調査日   :2019年7月1日 〜2019年7月8日
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 : 104名
■調査対象 :社会人
ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、「会社の行事として社内イベントは必要なのか?」について調査しました。

会社という組織でビジネスをするのであれば、それは団体戦になりますよね。団体戦で必要になるのがチームワークです。毎日、淡々と仕事をしているだけでは、会社内の活気は良くならないでしょうし、社員が協力し合うような風土も生まれないでしょう。

会社の基盤とも言える、3つの経営資源(ヒト・モノ・カネ)のうちの「ヒト」を強化するために人間関係は欠かせません。このことから、社員同士の人間関係をより良くすることの重要性がわかります。

それでは、社員同士の人間関係をより良くするためには、どうすれば良いのでしょうか?

そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、「会社の行事として社内イベントをすることが社員同士の人間関係をより良くするために効果的なのではないか?」という仮説を立てました。

今回の調査では、社内イベントに需要があるのかを確かめるために、社会人を対象に「社内イベントは必要だと思いますか?」についてアンケートを取りました。

まずは、アンケート結果をご覧ください。
 

【退職の前に読むサイトから引用:https://taisyokuagent.com

「社内イベント(バーベキュー大会など)は必要だと思いますか?」と質問をしたところ、「はい」-43%、「いいえ」-57%という結果となりました。(未回答有り)

調査結果から、意外にも社内イベントを希望していない人が過半数を占めていることがわかります。SNSやインターネットを通じて、同じ趣味を持つ仲間見つけることができる現代では、職場以外のコミュニティを自ら探すことができるので、プライベートの時間を重要視する人が増えているのかもしれません。

逆に、社内イベントの必要性を感じる人が43%いることから、一定数の需要があることも伺えました。仕事とプライベートを完全に分ける人が増えているとはいえ、会社としての組織力を高めるためには、社内イベントは有効な手段です。

社内イベントがもたらす効果については下記記事でご紹介しているので参考にしてみてください。
https://taisyokuagent.com/articles/378
 
  • 関連サイト


■ベースメントアップス株式会社:https://basementapps.tokyo
■退職の前に読むサイト:https://taisyokuagent.com
■お問い合わせ:https://basementapps.tokyo/contact
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. べースメントアップス株式会社 >
  3. 『社内イベントが必要』だと思う人は43%!SNSで繋がるプライベート重視派が増えているのか!?