自分の価値観を発見する「エンゲージメントカード」にオンライン版が登場

~コロナ禍で課題となる相互理解を促すコミュニケーションツールが手軽に利用可能に~

株式会社トリプルバリュー(本社:大阪市、代表:山本龍太)は2020年6月よりβ版を公開していた「エンゲージメントカードオンライン」 を約1年掛けて改良を重ね、2021年5月27日に正式版を公式WEBサイト(https://engagement-card.com/)で公開いたしました。
  • エンゲージメントカードとは

当社が発売している「エンゲージメントカード」はさまざまな価値観が描かれたカードを1枚ずつ噛み締め、自分と対話しながら選択していくことで自己理解を深めることができます。それをチームメンバーとシェアしあう事で他者理解にも繋がるカードです。2020年2月にクラウドファンディングサイトMakuakeにて目標額の890%を達成し、その後もECサイトなどでご購入いただきました。現在では2,000名以上の方に、以下のような様々な用途でご活用いただいています。


<活用事例>
・大学の学生向けキャリア研修で、仕事で大切にしたいものを言語化し、将来のキャリアを描く。
・4月の新入社員研修で自分の価値観をチームメンバーとシェアしお互いの理解を深める。
・プロジェクトチームなどの立ち上げの際に、自らの価値観をメンバー同士で共有することでチームの心理的安全性を醸成する。
・上司・部下との信頼関係構築のため1on1でのお互いの価値観を共有する。


「セルフエンゲージメント」だけでなく「チームエンゲージメント」「ワークエンゲージメント」を高める効果があります。

  • オンライン正式版リリースの背景
コロナ禍による急激なテレワークやオンラインへの転換などで、企業や学校においても心理的安全性の確保など人間関係性を強める必要性が増しています。エンゲージメントカードはそのような課題の解決に効果が期待できるコミュニケーションツールですが、緊急事態宣言の延長など対面でのワーク実施が難しい中、オンラインによる新しいコミュニケーションに対するニーズが高まると考え、オンライン版の開発を進めていました。

 2020年6月からのβ版を公開し、ご利用いただく中で「こういう機能があれば」「もっと使いやすく」というユーザーの声を基に改良を加え、多くの方に便利にご活用いただける正式版が完成いたしました。


<エンゲージメントカードオンライン版の特長>
・画面上で88枚の中から自分の価値観に合致するエンゲージメントカードを7枚選び、SNSでシェアできるような画像を作ることができます。
・ゲーム開始時に「仕事・人生・チームやコミュニティ」などのシーンを選ぶことにより、どの場面での自分と対話して向き合うかを設定できます。
・最初は1枚ずつ直感で選び(絶対評価)、大切なカードが7枚より多い場合はその中からさらに厳選する(相対評価)という二段階で選択できます。
・自分の言葉でメッセージを挿入でき、自分との対話を促進し、話題作りにもなります。
・7つの自分の価値観を仲間や家族、友人とシェアしあうことで普段話さない内容を相手に自己開示することができます。


 上記のような特長により、自分の価値観を適切に把握できます。またSNSなどで効果的な自己開示も可能です。
  • 開発メンバーの想い
私たちはワクワークする(ワクワク働く)人を増やして世の中の生産性と幸福度を高めたいという想いから「エンゲージメントカード」をお届けしています。
https://engagement-card.com/

トリプルバリューは複業(複数の仕事を持つ)メンバーが活躍している企業です。この正式版も複業メンバーが製作いたしました。一人でもワクワークできる人を増やしたい。そんな想いのメンバーが集まって作り上げたサービスです。ぜひ一度お試しください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トリプルバリュー >
  3. 自分の価値観を発見する「エンゲージメントカード」にオンライン版が登場