SMSを自動で配信・自動翻訳するwebAPIを開発、実証実験が成功。コミュニケーションDXをサポートするパートナーを募集します。

使いやすさにこだわった独自のコミュニケーションDXソリューションを開発・提供する会社、株式会社PID(本社:東京都港区、代表取締役:嶋田史郎)は、SMSを自動で配信し内容を自動翻訳するwebAPIを開発しました。本APIを活用してDXを推進・提供したいパートナー企業を募集します。

 

  • 開発の経緯
PIDは、「人々の時間を作る」をミッションに掲げ、不動産・スマートシティ領域を中心にITの力で課題解決を目指す、不動産テック企業です。
当社のメインサービスである「Dicon」は、管理会社と入居者のコミュニケーションの効率化を目標に掲げ開発しました。メイン機能のSMS・チャット・多言語翻訳は、コミュニケーションの幅を広げ、円滑な意思疎通に貢献しています。
これらの機能は、不動産管理にとどまらず、様々な分野でも活用できるのではないかと考え、より幅広くスマートな一斉連絡ができるコミュニケーションを実現すべく、webAPIの開発を行いました。
 
  • SMSを自動配信・自動翻訳するwebAPIについて
不動産向け多言語コミュニケーションツール「Dicon」とIoTデバイスや他のサービスを組み合わせることにより、「Dicon」が信号を受信すると、SMSを自動配信・自動翻訳するwebAPIを開発しました。
「Dicon」では連絡先情報が登録でき、部屋番号・名前・電話番号・利用言語が入力されているので、すぐにSMSを配信・翻訳することを可能にしています。

■「ifLink」での実証実験
開発したwebAPIをDXソリューションとして活用すべく、Plug and Play Japanのアクセラレータープログラムで繋がった、東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:島田太郎)との連携をしています。今回は、「Dicon」とIoTプラットホーム「ifLink」の扉の開閉を検知できるIoTデバイス「Oshieru」(https://www.braveridge.com/product/archives/34)を連携させ、一人暮らしの高齢者向け見守りサービスを作成し、多様なIoTデバイスに対応するwebAPIの実証実験を行いました。

※「ifLink」とは、様々なIoT機器やWebサービスをモジュール化することで、ユーザーが自由に組み合わせて便利なしくみを簡単に実現することができるIoTプラットフォームです。(ifLink ホームページ:https://iflink.jp/


今回のサービスでは、「Dicon」の特徴であるSMS配信機能と、扉の開閉を検知するIoTデバイスが連携しています。
居室の扉に設置されたIoTデバイスが一定期間扉の開閉を検知できないと、「Dicon」に信号が送られ、部屋番号に紐づけられた連絡先へSMSを自動配信します。同時に管理会社へはチャットが自動で送られるので、入居者の安否確認をするため、すぐに駆けつけることができます。

また、「Dicon」の多言語翻訳機能により、配信されるSMS・チャットは自動翻訳されるので、管理者と入居者の使用言語が異なる場合でも簡単に使うことができます。

今回の実証実験では、SMSを自動で配信・自動翻訳するwebAPIが、高齢者問題の解決策として利用できることが判明しました。



今後は、様々な社会問題の解決に応用すべく、さらに多様なIoTデバイスに対応するwebAPIとするため、幅広く活用していただけるパートナー企業を募集しています。ご興味がありましたら、ぜひ一度お問い合わせください。
 
  • 本件に関するお問い合わせ
webAPIの詳細・パートナーについてのご相談は、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。
株式会社PID
お問い合わせフォーム:https://pid-corp.jp/contact
メールアドレス:info@pid-corp.jp
※リモートワークの実施に伴い、上記お問い合わせフォームからのご連絡を推奨しております。


【会社概要】
会社名:株式会社PID
所在地:東京都港区新橋3丁目16-12第一横山ビル2階
代表者:嶋田史郎
設立:2017年7月6日
URL:https://pid-corp.jp/

事業・サービス内容:
1. Dicon (Diversity Concierge) 不動産向け多言語コミュニケーションツール
2. Property Concierge 「施設」と「人」をつなぐ多言語チャットボット
3. Opecon (Operation Concierge) 不動産業務の自動化を支援するRPA
4. Energy Concierge 商業ビル・工場などの事業所エネルギー見える化SaaS
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PID >
  3. SMSを自動で配信・自動翻訳するwebAPIを開発、実証実験が成功。コミュニケーションDXをサポートするパートナーを募集します。