経団連会館にてLGBTに関するカンファレンスを初開催。日本の職場でのカミングアウトの難しさ、継続的なインクルーシブな風土づくりの重要性について議論。PRIDE指標への応募は109社に広がる。

国際的な先行事例の共有に加え、働くLGBT当事者からは制度づくりと職場環境づくりの両立が求められた。ベストプラクティスには「全役員コミットメント」や「性別適合手術休暇制度」等、5社の取り組みを選出。

10月11日(水)午後、経団連会館(東京都千代田区)にて、LGBTと職場における働きやすさに関して議論する「work with Pride 2017」が開催されました。国内外からの多様なゲストをお迎えし、国際的なカミングアウト・デーに合わせて、日本企業における取り組みの進捗と、働くLGBT当事者にとっての職場環境の現状について、活発な意見が交わされました。今年で2回目となる「PRIDE指標2017」の表彰制度に関して、合計109社からの応募があり、ゴールド・シルバー・ブロンズの受賞発表を行われるととともに、先進的なベストプラクティスとして5社の取り組みが選出されました。
今年で6回目を迎える、「work with Pride 2017」が10月11日(水)午後に経団連会館にて開催されました。

メインセッションでは、冒頭の経団連女性の活躍推進委員会企画部会長である中川順子氏からの挨拶に続き、国連SOGI専門調査官Vitit Muntarbhon氏からのメッセージが紹介され、米国最大のLGBT関連NGOであるHuman Rights Campagin代表のChad Griffin氏によるキーノート・プレゼンテーションが行われました。学生時代、大阪で過ごした経験があるというChad氏からは、日本社会の変化に対する驚きが伝えられるとともに、「この会場にいらっしゃる方々のお一人お一人の行動が、必ず社会を変えます。同僚のために、友人のために、家族のために、ぜひ、行動を続けてください。」と日本企業の人事・ダイバーシティ担当者に向けて応援メッセージが届けられました。続いて、LGBTであることを公言して働く当事者によるパネルディスカッションが、「国際的なカミングアウト・デーに考える」と題して、グローバル視点・国内視点という二つのテーマで繰り広げられました。

「PRIDE指標2017」表彰式においては、109社の応募社のうち、ゴールド86社、シルバー15社、ブロンズ8社がそれぞれの賞を獲得した旨が報告されたとともに、P・R・I・D・Eそれぞれのカテゴリーにおいて、合計5社の取り組みがベストプラクティスとして発表されました。

 なお、来年度の「work with Pride 2018」は2018年10月11日(木)に開催、「PRIDE指標2018」の審査・評価指標・募集時期については本年度を踏襲することが決定。

当事者パネル「日本の職場での、カミングアウトの今」

■「PRIDE指標 2017」表彰制度について

応募社数:109社
ゴールド:86社
シルバー:15社
ブロンズ:8社
ベストプラクティス:5社(国立大学法人筑波大学、日本たばこ産業株式会社、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ、スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社、株式会社NTTドコモ)

「PRIDE指標2017」レポートのウェブサイト:
http://www.workwithpride.jp/pride/report2017.pdf


■「work with Pride 2017」 詳細について
日時:
2017年10月11日(水)13:30~18:00(受付開始13:00)

会場:
経団連会館
東京都千代田区大手町1-3-2

主催:
work with Pride 2017 実行委員会

協力:
アクセンチュア株式会社、NTTグループ、株式会社かんぽ生命保険、ソニー株式会社、第一生命保険株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、日本オラクル株式会社、日本航空株式会社、パナソニック株式会社、株式会社丸井グループ、株式会社リクルートホールディングス、認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ、NPO法人虹色ダイバーシティ、国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ

会場協力:
オムロン株式会社、東日本旅客鉄道株式会社

後援:
一般社団法人日本経済団体連合会

対象:
企業や団体の人事・ダイバーシティ・人権ご担当者、およびLGBT当事者

参加費:
無料

参加人数:
520名(メディア含む)

プログラム:
□メインセッション(13:30〜15:30)@国際会議場

13:30〜14:00 キーノート
1)挨拶
・一般社団法人日本経済団体連合会 女性の活躍推進委員会 企画部会長
野村アセットマネジメント執行役専務兼チーフ・リスク・オフィサー
中川 順子 氏

2)メッセージ
・国連人権理事会 SOGIに関する独立調査官
Vitit Muntarbhon 氏
・東京都知事
小池 百合子 氏 (※司会が祝電を代読)
・LGBTに関する課題を考える議員連盟 会長
馳 浩 氏 (※司会が事前メッセージを代読)

3)キーノート・プレゼンテーション
・Human Rights Campaign 代表
Chad Griffin氏


14:00〜15:00 当事者パネル「国際的なカミングアウト・デーに考える」
1)「グローバル動向から学ぶこと。Coming Out? Or Not?」
・Global Leader、Marketplace Diversity
and Workforce Engagement Services、IBM Corporation
Tony Tenicela 氏
・Director、Law Department、Sony Electronics Inc.
Tristan Higgins 氏
・ドイツ証券株式会社 株式営業統括部ディレクター
柳沢 正和 氏
・国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ東京代表
土井 香苗 氏

2)「日本の職場でのカミングアウトの今」
・文京区議会議員
前田 邦博 氏
・日本テレビ放送網株式会社 プロデューサー
谷生 俊美 氏
・freee株式会社 採用マネージャー
吉村 美音 氏
・ソニー株式会社 人事センター ダイバーシティ開発部 統括部長
大庭 薫 氏


15:00〜15:25 「PRIDE指標2017」結果発表
1)ゴールド・シルバー・ブロンズ発表
2)ベストプラクティス発表
3)総評
・認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ 理事
川村 安紗子 氏
・NPO法人虹色ダイバーシティ 理事長・代表
村木 真紀 氏
・受賞企業担当者

15:25〜15:30 クロージング
1)挨拶
・経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室長
小田 文子 氏


□サブセッション①(16:00〜16:50)@401会議室
「同性パートナーシップ制度」
・第一生命保険株式会社 補佐役 人事部 兼 コンプライアンス統括部担当
吉田 久子 氏
・日本アイ・ビー・エム株式会社 人事.ダイバーシティー企画 担当部長
梅田 恵 氏
・日本オラクル株式会社人事本部 制度企画・運用グループ シニアマネジャー
二見 直樹 氏
・札幌市市民文化局 市民生活部男女共同参画室 男女共同参画課長
廣川 衣恵 氏

□サブセッション②(16:00〜16:50)@402会議室
「トランスジェンダーへの配慮」
・東日本旅客鉄道株式会社 人事部 業務革新・ダイバーシティ推進グループ 課長
松澤 一美 氏
・株式会社丸井グループ サステナビリティ部マルイミライプロジェクト担当 課長
井上 道博 氏
・オムロン株式会社 グローバル人財総務本部 企画室 ダイバーシティ推進グループ長
上村 千絵 氏
・NPO法人虹色ダイバーシティ 理事
五十嵐 ゆり 氏

□サブセッション③(17:10〜18:00)@401会議室
「性的指向・性自認に関するハラスメント(SOGIハラ)」
・弁護士、フレッシュフィールズブルックハウスデリンガー法律事務所
中尾 雄史 氏
・弁護士、永野・山下法律事務所
永野 靖 氏
・弁護士、永野・山下法律事務所
山下 敏雅 氏
・弁護士、パナソニック株式会社
榊原 美紀 氏

□サブセッション④(17:10〜18:00)@402会議室
「組織内の風土づくり(アライ、当事者ネットワーク)」
・日本アイ・ビー・エム株式会社 Watsonサービス 部長
アライ・コミュニティー リード
木村 順子 氏
・株式会社NTTドコモ 人事部ダイバーシティ推進室 室長
本 昌子 氏
・株式会社リクルートホールディングス サステナビリティ推進室 室長
伊藤 綾 氏
・NPO法人虹色ダイバーシティ 理事長・代表
村木 真紀 氏

その他:
※なお、10月11日(水)に結果を発表したPRIDE指標の表彰制度に関しては、グッド・エイジング・エールズと虹色ダイバーシティが共同で事務局を運営しており、カンファレンスの協力企業はその選考審査プロセスには関与しておりません。


■work with Prideとは

work with Prideとは、企業などの団体において、LGBT すなわちレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーなどの性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体です。

work with Prideでは、2012年より年に1回協力企業に場所をお借りし、企業の人事・人権・ダイバーシティ担当者を主な対象に、LGBTに関するセミナーを開催してきました。

work with Prideのウェブサイト:
http://www.workwithpride.jp

work with PrideのFacebookページ:
https://www.facebook.com/workwithprideinjapan

本件に関する問い合わせ:
contact@workwithpride.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ >
  3. 経団連会館にてLGBTに関するカンファレンスを初開催。日本の職場でのカミングアウトの難しさ、継続的なインクルーシブな風土づくりの重要性について議論。PRIDE指標への応募は109社に広がる。