リノカの新型モデル「ユーロボックス」が2021年1月より発売開始

ハイエースとランドクルーザーの専門店を全国に展開するフレックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤崎孝行)は、「いいクルマを自分らしくデザインして長く乗る」をテーマに掲げるクルマのリノベーションプロジェクト 「Renoca(リノカ)」の新モデル「EURO BOX(ユーロボックス)」の販売を開始します。
リノカの新型モデル「ユーロボックス」の発売開始は2021日1月18日(月)
1月18日の発売開始に先駆け、リノカ公式ウェブサイトでは専用ページを公開。購入予約を含むお問い合わせも、フラッグシップショップであるリノカ世田谷店(東京都世田谷区)をはじめ、全国のフレックスの店舗(ランクル店・ハイエース店ともに)で12月25日より受け付けます。


 
ベースカーは名作「プロボックス」
リノカがリノベーションするベースとして選んできたクルマは、壊れにくく、長く乗れて、新しい使い方を予感させる「いいクルマ」。それらの要件を満たすクルマとしてリノカが次に選んだのは、営業車の代名詞「プロボックス」 です。耐久性、積載性、取り回しの良さ、実際に使う現場目線で考えられたからこその機能性に着目し、コマーシャルなシーンでの使用からパーソナルユースへの創造的な転換を目的に掲げてリノベーションしました。



かわいくて親しみやすいデザイン
「仕事道具」としてのプロボックスのつくりのシンプルさ、その感じの良さをより明らかにすべく、フロントフェイスもシンプルで親しみやすい表情にリデザイン。ボディカラーも、ありそうでない地に足のついたグレーやベージュなどの色を数パターンセッティング。さらに内装に関しては、もともとのシンプルな構成の良さを引き立たせるように、チェックパターンを基調としたアットホーミングなオリジナルシートカバーを開発。世代も性別も超えて愛されるクルマを目指しました。

 

商業車をリデザインして、日常使いに、遊びに。365日仕様。
運転しやすいコンパクトさを保ちながらも、車内空間が広々としているのは、仕事仕様だからこそ。実際の使いやすさを起点に考えられたベースカーのパッケージは、普段使いやレジャーにむしろ打って付けのものです。二列目シートを倒したら、シングルベッドのマットレスがどかんと積めちゃうぐらいの空間が出現。なので当然、買い物はもちろん、引っ越しでも車中泊でも大活躍してくれます。キャンプへ行って、テントがなくても大人二人、子供一人ぐらいだったら寝られちゃいます。

 

 

 

 

みんなで楽しいシミュレーションページ
リノカの公式ウェブサイトに用意された車種別シミュレーションページ「Make Your own RENOCA」では、ボディカラーや内装、ホイールなどのパーツ各種をあれこれ変えて、自分だけのリノカをつくることができます。そのまま、自分仕様の一台の購入価格概算を確認し、見積もり依頼をすることも可能です。
https://www.flexnet.co.jp/renoca/simulator/(リノカ公式シミュレーションページ )


 
リノカ公式ウェブサイト
ユーロボックス専用ページでは、車両についての詳細および製作の背景なども見ることができます。また同サイト内で他のモデルの詳細についてもご覧頂くことが出来ます。
https://www.flexnet.co.jp/renoca/(リノカ公式ウェブサイト)


「Renoca世田谷店」および全国のフレックス店舗
https://www.flexnet.co.jp/renoca/shop


会社名:フレックス株式会社
所在地:〒107-0061 東京都港区北青山2丁目5−8 OMスクエア 6F
代表者:代表取締役社長 藤崎孝行
設立 :1967年5月
企業URL :https://flex.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フレックス株式会社 >
  3. リノカの新型モデル「ユーロボックス」が2021年1月より発売開始