医療従事者への感謝を形に〜ペイフォワードプロジェクト〜

7月の活動報告 寄付総額148,846円に

メキシカンレストランを運営する株式会社AVOCADOは、新型コロナウイルス拡大防止の為休業していたMexican Dining AVOCADO新宿店を5月7日に営業再開し、コロナ禍が収束するまでの間、「応援メニュー」を設定。その売上から10%を日本赤十字社に募金し続ける「ペイフォワードプロジェクト」を発表した。
7月初旬、日本テレビの「news every.」でも紹介されメディアの注目度も高い。
7月は東京都の感染者数が200人以上の日が続く中で、お客様の来店も控えめではあったものの、来店したお客様は「外食しながら、医療関係者の応援ができる!」と積極的に応援メニューを頼まれた方が多く、7月の寄付金は35,562円になった。コロナ禍が続く限り寄付を続けて行く。
店主からの寄付報告全文
ペイフォワードプロジェクト~医療従事者への感謝を形に~
7月の活動報告 寄付総額148,846円に
 


こんな時代、飲食店として社会により貢献できることはなんだろうと考え、『応援メニュー』の売り上げから10%を日本赤十字社に寄付することにしました。
お客さんは、外食しながら、医療関係者の応援ができる。
医療関係者には、募金から間接的に支援ができる。
仕入れ業者は、フードロスが少なくなり売上につながる。
私たちは、売上が上がり店舗運営が成り立つ。
1石4鳥だと思いました。
実際のところ、7月初旬の都知事による新宿での会食に対するネガティブな発言以降、回復基調だった集客も夜のお客様中心にまた再び落ちています。残念ながら売上の回復はまだまだですが、医療関係者の方々と心を一つに明るく楽しく頑張って参ります。7月の寄付金は35,562円となり5月から始めた総額は148,846円になりました。
今後もコロナ禍が続く限り継続的に寄付を続けて参ります。


私たちのウリは、美味しくてヘルシーなメキシカンやアボカド料理ですが、それ以上にこのお店の雰囲気はウチにしかない独特な世界だと思っております。
今までは、大変な賑わいの中、慌ただしい接客が多かったかもしれませんが、今ならゆっくりとお食事をお楽しみいただけるチャンスです。
私たちスタッフ一同初心に戻り、オープンの時の不安な気持ちを思い出しながら皆様のご来店をお待ちしております。
ぜひ、気の許せるお仲間とご来店してくださいますよう心からお待ちしております。
そしてPay it Forward、私たちの活動が少しでも世界の安寧に役立ちますように。
店主



■応援メニュー内容(一部)
・つりたてワカモレ ¥980
・エンチラーダス ロハ&ヴェルデス ¥1100
・ビーフステーキファヒータ ¥2300
・若鳥のモレ ¥1850
・テキーラ「パトロン」3種 ¥1400~
・メキシコワインボトル ¥3500

■メニューURL
ランチ:https://www.mexican-avocado.com/pdf/location/shinjuku_lunch.pdf
ディナー:https://www.mexican-avocado.com/pdf/location/shinjuku_dinner.pdf

■会社概要
商号  : 株式会社AVOCADO
代表者 : 代表取締役 尾﨑 朋
所在地 : 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-19-1 2F
オープン日 : 2011年5月
事業内容: 飲食店企画、運営
URL  : https://www.mexican-avocado.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社AVOCADO >
  3. 医療従事者への感謝を形に〜ペイフォワードプロジェクト〜