モバイル建築ユニット製造に関する事例紹介『帝人株式会社「LIVELY VILLA」ブランド展開開始』

 一般社団法人日本モバイル建築協会(本社:東京都千代田区内神田2-12-1、 代表理事:長坂俊成、 立教大学教授)はモバイル建築を活用した応急住宅の社会的備蓄の普及を進めています。その趣旨に賛同して正会員となった帝人株式会社(本社:大阪市北区、社長:鈴木 純)が木造モバイル建築ユニットの製造を開始、9月21日より受付を開始します。

 本ユニットは、高機能繊維を用いた複合材料集成材「LIVELY WOOD」を使用した木造モバイル建築ユニットで、「LIVELY VILLA」ブランドとして販売展開されます。木材は、設置する地域の木材を使用。木材の地産地消の促進や、災害時に仮設住宅として役立つことを目指し、長期ビジョンである「未来の社会を支える会社」となること、およびSDGsの目標達成への貢献を目指しています。
 

LIVELY VILLALIVELY VILLA


 その第一弾となるのが、大分県佐伯市で高齢者の福祉サービスを総合的に提供する社会福祉法人長陽会(理事長:御手洗 吉生)に導入されるユニット3棟です。ユニットは同会が運営する福祉施設に設置され、新型コロナウイルス感染症の拡大対策の一環として、入居している高齢者とそのご家族との面会および簡易診察用の臨時施設として使用されます。
 

LIVELY VILLA(内側)LIVELY VILLA(内側)


 日本モバイル建築協会は、会員社である帝人株式会社からの依頼を受け、「LIVELY VILLA」のコンセプトを活かせる設置先として社会福祉法人長陽会をマッチング、今回のプロジェクトの実現にいたりました。

詳しくは、こちらをご覧ください。


帝人株式会社 プレスリリース
「LIVELY VILLA」ブランドの展開を開始
https://www.teijin.co.jp/news/2021/09/21/20210921_01.pdf

社会福祉法人長陽会 ホームページ
面会室のご案内
http://r.goope.jp/choyokai/free/visiting

2021年9月24日 社会福祉法人長陽会様にてのメディア公開の様子(NHK大分放送局ニュースより)

https://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/20210924/5070010911.html

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本モバイル建築協会 >
  3. モバイル建築ユニット製造に関する事例紹介『帝人株式会社「LIVELY VILLA」ブランド展開開始』