オンラインの飲み会、ランチ代を毎月最大8,000円まで会社が補助

WEBマーケティング事業を展開するバリュークリエーション株式会社(本社:東京都渋⾕区 代表取締役:新⾕晃⼈)は、4⽉6⽇から開始した在宅勤務中でも活⽤できる福利厚⽣の⼀つとして、オンラインの飲み会、ランチ代を毎⽉最⼤8,000円まで補助することに決定いたしました。

 

この制度について

バリュークリエーション株式会社では、福利厚生の一つとして、対面での飲み会やランチの補助制度として、毎月飲み会一人5,000円、ランチ一人3,000円(1,000円×3回まで)を補助しています。

これを、飲食店のテイクアウト商品やフードデリバリーの注文品に限定し、領収書の提出を必須とすることで、オンライン上での飲み会やランチにも適用することとなりました。

補助制度導入の目的
この取り組みは、業務での関わりが薄い社員や他部署メンバーとの親睦を深めることを目的として導入している福利厚生の一つで、この制度を通してコミュニケーションが円滑になり、業務にもプラスに作用しているという声が社員から上がっています。


在宅勤務導入期間中もコミュニケーションの円滑油に
在宅勤務が始まり、対面でのコミュニケーションが難しい状況でも、オンラインを通して同様の制度を活用できる様、オンライン上の飲み会やランチにも適用することを決定いたしました。

オンラインで顔を見て話すことで、このような状況下でも社員同士の繋がりを感じ、絆をより深めることに繋がればと考えています。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バリュークリエーション株式会社 >
  3. オンラインの飲み会、ランチ代を毎月最大8,000円まで会社が補助