3月20日千葉のグランピング施設「BUB RESORT」に1シーズン限定でキャンプサイトがOPEN。同時に「BUB for children」のキャンペーンも実施。

株式会社BUB(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:一戸 悠人)は運営している宿泊施設にて、キャンプサイトのオープンと子供の宿泊受け入れのためのキャンペーンを発表した。

■グランピング施設名をBUB RESORT Chosei Villageに名称変更

株式会社BUBが運営しているBUB CAMP GROUND(2019年7月1日OPEN)だが、2020年3月4日より、BUB RESORT Chosei Villageに施設名称の変更した。


■キャンプサイト「BUB CAMP GROUND」が2020年3月20日に新規OPEN

3月20日よりキャンプサイトとして、グランピング施設名であったBUB CAMP GROUNDの名称を引き継ぎ、3月20日から期間限定OPENする。従来のキャンプ場のように、自由に持ち込んだテントやBBQセットで、キャンプを楽しむことができる。

1区画15,000円で9区画のみの設置に制限し、一般的な区画サイトの約3倍の大きさでキャンプができる。希望者には、BUB RESORT Chosei Villageの豊富なアクティビティを一人12,000円でお得に参加可能。

当初BUB CAMP GROUNDは3月4日のOPEN・予約受付開始を予定していたが、コロナウィルスの状況を見て、新規OPENを3月20日に変更した。予約開始は当初の予定通り、週明けの3月4日(水)。

 
■新型コロナウィルスへの対応

厚生労働省の新型コロナウイルス感染症への対応についてのガイドラインを元に、健康福祉センター(茂原市)への確認をしながら対応を実施している。

BUB RESORT休業はせず、通常通り営業する方針である。ただし、ゲストが来場の判断をできるよう、2020年3月19日まではコロナウィルスに関連するキャンセルのキャンセル料は頂かないことを決めた。


■BUB for childrenキャンペーンでお子様に遊びの場を提供

BUB  RESORTでは「BUB for children」のキャンペーンを開始。目的は、学校および幼稚園の休校などにより、子供の健康的な外出が制限されている中で、子供に遊びの場を提供をすること。BUB RESORTは敷地内のほとんどがオープンエアーで、屋外の開放空間であり、通常の宿泊施設などのように、密閉空間で他の宿泊者と接触することがない。「他には遊びに行かせてあげられないが、BUB RESORTでは感染リスクを抑えて利用ができるのでは」と、子育て世代の利用者からの提案でキャンペーンが始まった。具体的な内容は、0~9歳までのお子さんを対象に、宿泊料金無料(3月20日〜3月31日の宿泊で1室あたり子供1名)で招待する。公式HP(https://bub-resort.com/)からの予約で、予約時の要望欄に、「BUB for children」と記載で無料となる。

 

 

 

 


■BUB RESORT Chosei Village の特徴
◆自然文化体験◆
┗圧倒的なコンテンツで、イチゴ狩り、カニ漁、そば打ち、薪割り、火起こしなど、予約、追加料金不要で実施
◆手ぶらOK◆
┗全てのテントにベッド・エアコン・冷蔵庫・グリル・Wifiを完備
┗BBQ・朝食は全てのプランに含む
┗各種アメニティ完備
シャワー、シャンプー・リンス・ボディソープ・歯ブラシ・タオル類
◆好アクセス◆
┗外房線の八積駅から徒歩15分程度、電車での来場も可能
┗都内から車でお越しのお客様はアクアラインを超えて45分程度。駐車場も無料で完備
◆ご利用はこちらから◆
https://bub-resort.com/


 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BUB >
  3. 3月20日千葉のグランピング施設「BUB RESORT」に1シーズン限定でキャンプサイトがOPEN。同時に「BUB for children」のキャンペーンも実施。