「建設サイト・シリーズ」グリーンサイト ConTech(建設テック)クラウドソリューション シェアNo.1を獲得

~建設DX分野におけるリーディングカンパニーとしてシェア拡大~

株式会社MCデータプラス(東京都渋谷区、代表取締役社⾧:飯田 正生)は、建設業向けに提供している業界特化型クラウドサービス「建設サイト・シリーズ」グリーンサイトが、デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社が発表した「ConTechクラウドソリューション市場の実態と展望 2021年度版」ConTechクラウドソリューションの出荷金額、文書作成・管理ソリューション出荷金額において、2019年度/2020年度(実績)、2021年度(見込)、3年連続でシェアNo.1(*1)を獲得いたしましたことをお知らせいたします。
  • シェアNo.1について

本レポートのConTech(建設テック)クラウドソリューション全体において、市場全体の約15%を占めるリーディングカンパニーとして評価をいただいており、なかでも文書作成・管理ソリューション市場においては約50%シェアを誇る“断トツのトップシェア”としてレポートされました。

■シェアNo.1となった主なセグメント一覧
2019年度/2020年度(実績)、2021年度(見込)、3年連続でシェアNo.1
 ・ConTechクラウドソリューション出荷金額
 ・文書作成・管理ソリューション出荷金額(クラウド含む)
 ・クラウド型文書作成・管理ソリューション出荷金額
 ・建築土木(総合)向け文書作成・管理ソリューション売上高(*2)
 ・大手(1,000億円以上)文書作成・管理ソリューション売上高(*3)
 (*1)「ConTechクラウドソリューション市場の実態と展望 2021年度版」https://mic-r.co.jp/mr/02040/
 (*2)土木工事向け、舗装工事向け、鉄筋・骨建築工事向け、木造建築工事向け、設備工事向けなど全ての領域においてトップシェア
 (*3)中堅(100~1,000億円未満),SMB(100億円未満)など全てのセグメントにおいてトップシェア
 
  •  「建設サイト・シリーズ」とは
2001年1月にスタートした「建設サイト・シリーズ」は労務安全書類作成サービス「グリーンサイト」を中心に、スーパーゼネコンから準大手・中堅・地場の300社を超える元請会社にご採用いただき、2021年5月末時点で登録企業数が600,000社以上、登録作業員数が1,600,000人以上、20,000現場以上でご利用いただいている施工管理領域の建設業界最大のクラウドサービスです。
サービスページURL:https://www.kensetsu-site.com/
また、施工領域全体をカバーするプラットフォーマーとなることを目指し、「グリーンサイト」に登録された現場情報、編成情報を自動連係して作業間調整連絡会議を効率化する「ワークサイト」を始め、建設現場の生産性向上に資するプロダクトの提供を加速いたします。
引き続き、建設DXを実現し建設業界全体の働き方改革に貢献するパートナーとして今後も貢献してまいります。
 
  • 会社概要
商号   :株式会社MCデータプラス
代表者  :代表取締役社⻑ 飯⽥ 正生
所在地  :〒150-0013
      東京都渋⾕区恵比寿⼀丁目18番14号 恵比寿ファーストスクエア7階
事業開始日:2015年7月1日(三菱商事株式会社より分社)
事業内容 :建設業向けクラウド型システムサービス事業 ビッグデータ活⽤事業 他
資本⾦  :309,706,800円
URL   :https://www.mcdata.co.jp/
 
  • サービスに関するお問い合わせ先
株式会社MCデータプラス 建設クラウド事業本部
TEL   :0570-020-233
 
  • 報道関係者様からのお問い合わせ先
株式会社MCデータプラス 経営管理部 経営企画チーム 広報担当
MAIL   :ml.info-press@mcdata.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MCデータプラス >
  3. 「建設サイト・シリーズ」グリーンサイト ConTech(建設テック)クラウドソリューション シェアNo.1を獲得