4月22日はアース(地球)デイ 「節電・省エネ×リサイクル」でW(ダブル)エコ!電気代0円でマイナス5℃!電気代上昇に強い味方が登場!多機能遮熱カーテンで室内猛暑対策!

main image
真夏のお部屋・・・カーテンを閉めて日差しをカット。実はこれだけでも、温度上昇を防ぎ省エネ効果があります。最近では多くの機能を持ったカーテンがありますが、その中でも「多機能遮熱カーテン」は通常のカーテンに比べ、温度上昇を防ぐ効果が「約1.5倍」。冷暖房効率アップで節電・省エネを実現します。
株式会社ヤサカ(本社:東京都福生市 代表取締役:根生豊)では「節電の夏」に向けて、多機能遮熱カーテンの品揃え強化とともに、下取りリサイクルするW(ダブル)エコキャンペーンを実施中です。

【マイナス5℃の秘密】
多機能遮熱カーテン「マイナス5℃の秘密」は、カーテン裏地が4層になったアクリル樹脂のコーティング加工にあります。
コーティング加工の効果は3つ。
①遮熱性(熱を入れない、逃がさない)
②1級遮光(遮光率99.99%以上)
③遮音性(8KHzの騒音でマイナス約10dBの音を遮断)
この加工により通常のカーテンよりも高い断熱効果で室内温度を逃がしにくくして、お部屋の温度上昇を抑える効果を高めます。そのため夏の冷房効率だけでなく、冬の暖房効率もアップさせることができます。

【温度上昇比較】
通常のカーテン使用の場合でも、カーテンなしの時に比べ「約8℃」温度上昇を防ぐことができます。多機能遮熱カーテンを使用すると、通常のカーテンに比べ「約5℃」、カーテンなしの時に比べると、なんと「約13℃」の温度上昇を防ぎます。
※財団法人 日本繊維品品質技術センター調べ

【多機能遮熱カーテン ブロックシリーズ】
上記のコーティングにより、遮熱機能の他に1級遮光、遮音機能が付帯しているカーテンを多機能遮熱カーテンと呼びます。このような機能を重視したカーテンはデザインのバリエーションが少なく、なかなか気に入ったデザインが見つからないものです。また通常のカーテンに比べ、重くごわごわ感があり綺麗なドレープが出づらいという難点があります。
ヤサカのブロックシリーズは「デザイン、カラーバリエーション豊富な30種類」、全てサイズオーダー対応です。通常の機能カーテンよりもごわごわ感を軽減しより綺麗なドレープを実現します。きっとお気に入りのカーテンに出会えます。

【下取りリサイクル W(ダブル)エコキャンペーン実施中】
カーテン買い替えのお客様には、古いカーテン下取りで最大1,000円(※)もお得。古いカーテンはリサイクルされ、主にクッションの中綿になります。
「節電・省エネ×リサイクル」でW(ダブル)エコ。
今年の夏は地球にもお財布にもやさしい、多機能遮熱カーテンで猛暑を乗り切りましょう。
※レースカーテン500円 ドレープカーテン500円 レース+ドレープカーテン1,000円
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. 株式会社ヤサカ
  3. 4月22日はアース(地球)デイ 「節電・省エネ×リサイクル」でW(ダブル)エコ!電気代0円でマイナス5℃!電気代上昇に強い味方が登場!多機能遮熱カーテンで室内猛暑対策!