免疫障害に由来する精神神経疾患血液検査薬の基本特許が米国において成立

2018年4月25日に免疫障害に由来する統合失調症/自閉症検査薬開発に必須であるコア技術が、日本に続き米国にて特許として成立いたしました。

株式会社RESVO(本社:東京都大田区、代表取締役:小林宣文)は重点課題として取り組んでいる、免疫障害に由来する統合失調症/自閉症検査薬の開発に必須である血液バイオマーカーの基本特許を国内(2017年8月取得)に続き、米国においても取得いたしました。
この特許取得により、RESVOは、国内よりも大きな医薬品マーケットでもある米国市場への進出を加速してまいります。

【今回成立した米国特許】
Title: Biomarker for Psychiatric and Neurological Disorders
Applicant: RESVO Inc., Tokyo

App/Pub Number:US2016/0131663 A1

PCT Number: PCT/UP2014/057227


RESVOは、本特許技術を基盤技術とし、免疫障害性統合失調症/自閉症をはじめとして難病の包括的ケアの実現を目指しています。また、本技術を活用した受諾検査、周辺技術を活かした共同研究を通じて、精神・神経疾患の新たな治療法の開発に貢献しています。

 

  1. プレスリリース >
  2. RESVO >
  3. 免疫障害に由来する精神神経疾患血液検査薬の基本特許が米国において成立