スポーツチーム・医療従事者向けONE TAP SPORTS《体調チェック機能》をリリース2020年12月末まで無料で提供いたします

〜新型コロナウイルス感染症対策の機能を開放し、スポーツチーム・医療チームのオンラインでの体調管理を支援〜

株式会社ユーフォリア(本社:東京都千代田区 共同代表:橋口 寛/宮田 誠、以下 ユーフォリア)は、同社が開発・提供するスポーツ選手のための体調・コンディション管理システム「ONE TAP SPORTS(ワンタップ・スポーツ)」の機能のうち、新型コロナウイルス感染症対策のための簡易的な《体調チェック機能》をリリースし、スポーツチームと医療従事者に対し、2020年12月末まで無料で提供することをお知らせいたします。


■遠隔で体調チェックが可能
2012年にサービス提供を開始して以来、ONE TAP SPORTSは日本代表をはじめとするトップスポーツのチームから学校の部活動に至るまで、幅広くスポーツ選手のためのコンディション管理にご利用いただいてまいりました。ONE TAP SPORTSは、スマートフォンなどのデバイスから選手が入力したデータがクラウド上に保存され、チーム内の選手データを一元管理できるシステムです。通常は、入力された食事の内容やトレーニング内容、疲労度、睡眠時間、怪我の状態などのデータから、選手一人ひとりの状態をコーチやトレーナーなどのスタッフが把握し、練習メニューの策定や試合前のピーキング(*1) に利用されています。

上記のようにスポーツ選手のコンディション管理をクラウド上で遠隔管理できるというONE TAP SPORTSの特徴が生かされ、現在、数多くのチームで新型コロナウイルス感染症の予防管理にもご活用いただいています。

■増加するニーズと長期戦への備え——「日本のスポーツと医療を守る」
3月6日にユーフォリアから「ONE TAP SPORTSを使って選手の体調管理を行う活用方法」(https://eu-phoria.jp/news/info/onetapsports-remote-usage)のご案内を行ったところ、多くのスポーツチーム、医療従事者の皆さんから反響をいただきました。
また、4月16日の政府「緊急事態宣言の拡大」を受け、スポーツ選手を守り、医療従事者の健康を守るため、そして長期的なウイルスとの闘いに備えるべく、新型コロナウイルス感染症対策のための簡易的なONE TAP SPORTS《体調チェック機能》をリリースし、2020年12月まで(*2)無料でご利用いただけるようにいたします。

また、より多くのスポーツ選手に本機能をご利用いただけるよう、一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)とも連携し、UNIVAS加盟大学運動部の学生アスリートへのONE TAP SPORTS《体調チェック機能》の無料提供も行ってまいります。


■新型コロナウイルス感染症予防のための《体調チェック機能》の詳細
以下の6項目の《体調チェック機能》について、無料でご利用できます(基本的にチーム/法人単位でのご利用となります)。メンバー(選手)はこの6項目について、スマートフォンなどのデバイスから入力を行い、管理者は、管理画面から全メンバーの現在の状態を一覧で確認できます。異常を検知したデータはアラート表示されますので、管理者はすぐに症状の変化を捉えることができます。

◉ONE TAP SPORTS《体調チェック機能》の6項目
  1. 体温
  2. 倦怠感の有無
  3. 咳の有無
  4. 喉の違和感
  5. 嗅覚・味覚の異常
  6. 家族、同居する人の発熱やその他症状

■《体調チェック機能》のご利用申し込み方法
ONE TAP SPORTS《体調チェック機能》のご利用にあたっては、こちらの専用フォーム(https://www.one-tap.jp/af/teams/new/covid-19)からお申し込みください。

すでにONE TAP SPORTSをご利用中のチームで、今回の《体調チェック機能》のご利用を追加でご希望の場合は、チームのサポート担当者、または
 support-onetap@eu-phoria.jp
にお問い合わせください。

■《体調チェック機能》の無料でのご利用期日:2020年12月末日まで


*1 パフォーマンスを最大化するために逆算してコンディション管理やトレーニングを行うこと
*2 新型コロナウイルス感染症拡大の状況や収束状況にあわせて変更する場合があります



■ONE TAP SPORTS(ワンタップ・スポーツ)について(https://lp.one-tap.jp/
「ONE TAP SPORTS」は、CONDITIONING(コンディショニング)機能・INJURY(インジュリー)機能などで構成され、試合や練習を通じて得られる行動データに加えて、食事メニューやケガの状態などを組み合わせて分析することにより、トレーナー・コーチ・監督等の指導者が選手へ適切な指導やアドバイスを行うことを可能にするシステムです。
アナログでの情報収集・管理・指導が主流だったスポーツの現場において、アスリートのコンディションなどさまざまな情報を「見える化」し、コンディション管理・パフォーマンス向上の実現をサポートしています。現在、ラグビー日本代表をはじめとする日本代表では16競技、プロチームを中心に国内外で40競技・350チーム以上に導入されています。

■株式会社ユーフォリア について
ユーフォリアは「スポーツの力を活かし、スポーツの力を通じて、未来をつくる」をミッションに掲げ、アスリートのコンディション管理、ケガ予防のためのSaaS型データマネジメントシステム「ONE TAP SPORTS」を開発・提供するスポーツテック企業です。より安全で楽しく、かつ効率的にスポーツを行う環境整備にデータ面から貢献してまいります。

本社 :東京都千代田区六番町5-5 飯田ビル2階
設立 :2008年8月18日
代表者 :代表取締役/共同創業者 橋口 寛・宮田 誠
事業内容:スポーツデータサイエンス/スポーツ領域における
システム開発・保守・コンサルティング
URL :https://www.eu-phoria.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユーフォリア >
  3. スポーツチーム・医療従事者向けONE TAP SPORTS《体調チェック機能》をリリース2020年12月末まで無料で提供いたします