適切なコミュニケーションで解約率4.5%改善

サブスクリプションサービスや定期通販企業の「解約」に関する課題解決へ

株式会社Smash(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:石山 真也、以下「当社」)は、提供先企業ににおいてリテンションボット「Smash」(以下「ボット」)とポップアップによる解約抑止力の比較検証を行い、検証の結果、ボットがポップアップと比較し、4.5%高い解約抑止率の効果があることが分かりました。今後もさまざまな検証を行い、より高い解約抑止率を目指します。

 


「解約したい」と思っている顧客が、解約を考えなおし、続けて利用しようと思う原因がどこにあるのか、当社では原因を探るため、ポップアップとボットでの会話を比較するABテストを実施しました。

結果、ボットとの会話を行ったグループは、ポップアップのグループよりも4.5%も解約抑止率が高い結果となりました。

 

■要因
その要因として、以下が考えられます。

(1) 適切なコミュニケーション
当社のボットでは、顧客の感情をAIがリアルタイムに分析することにより、ポップアップの一方的なコミュニケーションとは異なる、一人ひとりにあった最適なコミュニケーションを提供しています。

(2) 読了率の違い
ポップアップの場合、ツールによりブロックされてしまったり、すぐ閉じられてしまう傾向があります。また、ボットは会話として進んでいくため、UX(user experience:顧客体験)の観点からも、顧客に読了される可能性が高くなっています。

さらに、ボットの場合、VOC(Voice Of Customers:顧客の声)取得が可能になります。解約理由や検討具合、改善要望、再加入の可能性など、さまざまなデータをマーケティングデータとして活用することにより、解約抑止率の向上だけにとどまらず、顧客ロイヤルティ強化、LTVの向上にも寄与します。

今後も、当社はサブスクリプションサービスや定期通販企業の「解約」に関する課題、デジタルコミュニケーションに関する課題の解決に貢献していきます。


■リテンションボット「Smash」について
サブスクリプションサービスや、定期通販の既存顧客に対し、「解約」というタッチポイントでコミュニケーションを図り、解約抑止・分析を行います。
顧客とのコミュニケーションからサービスや商品に対する温度感を数値化し、リアルタイムで空気を読むことによって、デジタルの枠を超え、より人間との会話に近いコミュニケーションを実現しています。
 

 



■株式会社Smashについて
サブスクリプションサービスや定期通販の企業と顧客のデジタルコミュニケーションをサポートしています。「解約」から企業の課題を見つけ出し、「企業の強み」に変え、顧客のロイヤルティ強化を実現します。
これまでの既成概念を打ち砕き、新しいアイデア、新しいテクノロジーで時代や社会に必要とされる会社を目指しています。


 ■会社概要
代表取締役CEO:石山 真也
設立:2021年3月31日
URL:https://smash.ne.jp/
所在地:渋谷区渋谷3-11-11
事業内容:データを活用したマーケティング分析サービス
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Smash >
  3. 適切なコミュニケーションで解約率4.5%改善