長崎県の地域商社が世界最大級の国際展示会“CES 2021”にAI アプリケーションを出展

人口減少に伴う人手不足の課題に対してAI技術を活用した解決策を紹介します。

総務省主催 2019年度「異能ジェネレーションアワード」で「時間が変わる賞」を受賞した作品を紹介


長崎県西海市の地域商社、株式会社西海クリエイティブカンパニー(本社:長崎県西海市、代表取締役:浪方勇希)は、2021年1月11日から14日までオンラインで開催されるCES2021にて、自動で文字起こしをする画像処理AIアプリケーション「文字起こし ばりぐっどくん」を中心に、人口減少に伴う人手不足の課題に対してAI技術を活用した解決策を紹介します。

【CES 概要】
CESは1967年から毎年1月に米国・ラスベガスで開催される世界最大のテックトレードショー。かつては大手家電メーカーがテレビやオーディオなどを展示する家電ショーでしたが、近年は家電にとどまらず様々な技術製品の新製品・プロトタイプが展示されています。
(参考)CES2021公式HP https://www.ces.tech/

【CES2020 実績】
参加者数約18万人、出展企業約 4,500社、1,200社以上のスタートアップが出展。20,000点以上の新製品が登場。
 


【西海クリエイティブカンパニー】
2017年に自治体、金融、民間が出資し設立されたデザインとテクノロジーを扱う地域商社。代表的なアプリケーションはユーザー数15万人以上を有する「文字起こしばりぐっどくん」。

【文字起こし ばりぐっどくん】
本アプリケーションは、自動で文字起こしを行うサービスです。紙媒体に記載された文章画像を本アプリのLINE アカウントに送信することで画像情報を解析し、自動で文字データに変換・返信される機能を搭載。
ユーザー数:155,080人(2020年12月22日時点)

(参考)文字起こし ばりぐっどくんプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000036415.html

(参考)法人向け 文字起こし ばりぐっどくんホームページ
https://varygoodenterprise.com/
 


【受賞実績】
総務省主催2019年度「異能ジェネレーションアワード」「時間が変わる賞」受賞。
OCR (文字認識)を簡単に実現し、特別なスキルやツールを持たない方でも簡単に使える点を評価頂きました。応募総数:13,187件

【CES2021 開催情報】
(1)日程:2021年1月11日(月)〜14 日(木)米国東部標準時間 (EST)
(2)場所:米国・ラスベガス(バーチャル開催)
(3)公式出展サイト:https://www.ces.tech/
※入場にはオンラインでの登録が必要です

■会社概要
社名:株式会社西海クリエイティブカンパニー
所在地:長崎県西海市西彼町喰場郷1686番地3
HP:http://saikaicreative.co.jp
代表者:代表取締役 浪方 勇希
事業内容:スマートシティ事業、ブランディング&マーケティング事業、コミュニティマネジメント事業、エネルギー事業
設立日:2017年12月18日
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社西海クリエイティブカンパニー >
  3. 長崎県の地域商社が世界最大級の国際展示会“CES 2021”にAI アプリケーションを出展