ペットボトルで心肺蘇生訓練できるキット「CPRトレーニングボトル」がグッドデザイン賞を受賞

質の高い訓練が手軽にできる教材として高く評価され、「グッドデザイン・ベスト100」に選出

一般社団法人ファストエイド(本社:東京都文京区本郷/代表理事:玄正 慎)は、ペットボトルで心肺蘇生訓練できるキット「CPRトレーニングボトル」が、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「2021年度グッドデザイン賞」を受賞し、さらに審査委員会により特に高い評価を得た「グッドデザイン・ベスト100」に選出されたことをお知らせいたします。

 

 


「CPRトレーニングボトル」は、空のペットボトルと紙のシートで胸骨圧迫の訓練ができる世界初のCPR(心肺蘇生法)訓練キットです。精密測定により、サントリー 天然水 550ml のペットボトルは、荷重をかけた際の変形特性が訓練用人形とよく似ており、ほぼ同等の胸骨圧迫訓練ができることを確認しています。訓練シートはオンラインショップで販売しており、手軽かつ安価に救命講習会が開催できることや、自宅から参加するオンライン救命講習で実技訓練ができることから、消防、医療機関、学校などで導入が進み、訓練用シートの累計出荷枚数は6万枚を超えています。「CPRトレーニングボトル」での訓練の受講者が、実際に突然の心停止に遭遇し、心肺蘇生を行い救命した事例も複数出ています。
https://cpr-training-bottle.com/
https://fastaid.thebase.in/

 


日本では年間7万人以上が突然の心停止で亡くなっています。心停止すると心臓が果たしているポンプの機能が失われて血流が止まるため、脳や心臓など重要臓器に酸素や養分(糖)が供給されなくなり、数分で脳や心臓の細胞が壊死してしまい突然死します。心停止の目撃者が胸骨圧迫(心停止した人の胸をリズム良く圧迫する処置)で心臓のポンプの役割を果たし、血液を循環させ続けることで、AEDや救急隊が到着するまで脳や心臓の細胞が壊死するのを防ぎ、命をつなぐことができます。手軽かつ安価に心肺蘇生法の啓発と訓練ができる「CPRトレーニングボトル」を普及することで、助かる命を増やすことができると考えています。

そこで一般社団法人ファストエイドでは助成金を活用し、公的機関を対象に「CPRトレーニングボトル 訓練シート」を無償提供する取り組みを行なっています。休眠預金を活用して訓練シートを消防、自治体、学校に無償提供するプロジェクトは2021年11月12日まで実施しています(指定活用団体:一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)、資金分配団体:READYFOR株式会社)。提供総数は5万枚を予定しています。無償提供プロジェクトの詳細や申請方法は以下のページをご確認ください。
https://www.fastaid.co/posts/dormant-account
日本財団の助成金にも採択されており、訓練シートを学校に無償提供するプロジェクトも実施していきます。提供総数は2万枚を予定しています。こちらも今後、ホームページにて詳細をお知らせいたします。

今回の受賞はプロダクトのデザインのみならず、このような手軽で導入しやすい訓練手法自体を開発したことや、訓練キットを普及する活動も含めて評価をいただけたものと考えております。これからもテクノロジーとデザインの力で救急救命分野のイノベーションに取り組んでまいります。

■プレゼンテーション動画(4分)
 

 

■受賞概要
製品名称:CPRトレーニングボトル
受賞者 :一般社団法人ファストエイド
サントリーホールディングス株式会社
株式会社博報堂
株式会社SEESAW

■審査委員による評価コメント
ペットボトルの存在意義が問われる中、ただ悪者にするのではなく、その正しい活用方法を考えることも今を生きる人々の責任の一つである。従来の装置では多くの人に体験してもらいにくかった心臓マッサージの所作を、どこにでもあるペットボトルで可能にする。そのためにきちんとデータをとり、教材として利用できる状態まで高め、NPO側もサステナブルになる形で提供する。その「全体」のデザインを高く評価したい。

■受賞の詳細ページ
https://www.g-mark.org/award/describe/52785
プレゼンテーション動画(4分)
https://www.youtube.com/watch?v=y99dLYsNc0I

■グッドデザイン・ベスト100とは
グッドデザイン・ベスト100は、その年のすべてのグッドデザイン賞受賞対象の中で、審美性、提案性、可能性などにおいて総合的に優れているとして高い評価を受けた100点です。今日におけるデザインの水準を高めるに相応しい、これからのモデルとなりうるデザインとして選出されました。

■グッドデザイン賞とは
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。
http://www.g-mark.org/

【法人概要】
一般社団法人ファストエイド
https://www.fastaid.co/
本社所在地:東京都文京区本郷3-40-10 三翔ビル本郷7F 小野田高砂法律事務所内 social hive HONGO
設立 :2017年12月
代表者 :代表理事 玄正 慎
事業内容 :心肺蘇生訓練キットの研究開発・販売、心肺蘇生法の啓発活動、救命講習の開催
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. FastAid >
  3. ペットボトルで心肺蘇生訓練できるキット「CPRトレーニングボトル」がグッドデザイン賞を受賞