においの「なんとなく」をなくすREVORN、においを評価する指標「香度🄬」に関する詳細情報を初公開

科学的なアプローチで「ニオイをとらえなおし、あたらしいシゴトをつくり、せかいをビックリさせる」ことを目指します。

株式会社レボーン(以下、REVORN)が、今年3月に商標登録を完了した「香り」を評価する概念「香度🄬」に関する詳細情報を初めて公開いたします。

香度 イメージ香度 イメージ


【商標登録の概要】
  1. 商標名称:香度(コード、カオリド)
  2. 登録日:令和3年3月3日
  3. 登録番号:第6358514号
  4. 登録分類:第9類,第42類

今回の商標登録を契機に、人間が感覚としてとらえている「におい」の“なんとなく”に科学的にアプローチし、新たな産業の創造を目指します。


■「香度🄬」とは
 「香度🄬」とは、香りの芳醇さを表す概念として、REVORNが造語したものです。未だ多くの謎に包まれる嗅覚のメカニズムを科学的に解明し、においを活用した社会課題の解決や今までにない新たな価値観を生み出すためには、必要不可欠な概念であるとREVORNは感じています
 一般的なにおいセンサで測定されるのは、においを生み出すそれぞれの分子の種類や濃度の測定に限られ、人間が嗅覚としてにおいをとらえる方法とは異なり、本来の意味でのにおい測定には至っていません。そのようなにおいの成分測定だけではなく、人間がにおいをとらえるメカニズムの解明に取り組むREOVRNでは、従来の成分測定にはない、官能的な概念を組み込んだ「香度」という指標を新たな研究開発の方向性として業界内に浸透させ、ひいては一般的な概念として広めていくことで、においが持つ可能性をさらに開花させていきたいと考えています

■株式会社レボーン 概要
代 表 者:代表取締役社長 松岡 広明
本社所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-6-10
設 立 日:2016年4月
URL: https://revorn.co.jp
業務内容:嗅覚技術(Scent Technology)のインフラを構築し、人々の生活を豊かにする新たな文化の基盤を創造するための各種事業を展開。独自開発の香りセンサとAIを活用し、世界中のにおいデータを蓄積した“においデータプラットフォーム”を構築。それを元に畜産・飲料・医療などのさまざまなにおいに関する課題を解決するソリューションを提供。また、大学などの基礎研究機関と民間企業をマッチングし、IoTなどのハードウェア技術やAI技術の研究成果をビジネス展開するための、産学連携ネットワークを独自に構築。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レボーン >
  3. においの「なんとなく」をなくすREVORN、においを評価する指標「香度🄬」に関する詳細情報を初公開