【2度目の自治体採用】4月23日、「パルスオキシメータMD300CN350」が千葉県新型コロナウイルス感染症対策本部にて正式採用

胎児超音波心音計「エンジェルサウンズ」や「パルスオキシメータ」、「デジタル体温計」等の医療機器製品を扱う株式会社ちゃいなび (本社:神奈川県川崎市、代表取締役:相馬 喜代子)の「パルスオキシメータMD300CN350」が、4月23日に千葉県新型コロナウイルス感染症対策本部にて正式採用されました。

  • 概要
当社の取り扱う「パルスオキシメータMD300CN350」が、4月23日に千葉県新型コロナウイルス感染症対策本部にて、新型コロナウイルス感染症陽性者の内、自宅療養者に向けた貸与用モデルとして正式採用されました。当製品が自治体に導入されるのは、神奈川県医療危機対策本部での採用に続き2度目となります。計5000台の納入が完了しており、千葉県内の自宅療養者の内、保健所長が必要と判断した方に貸与される旨が発表されています。
 
  • パルスオキシメータとは

パルスオキシメータとは、指先に装着して血中酸素飽和度を測定する医療機器です。新型コロナウイルス感染症の陽性者が、症状悪化により呼吸機能の低下や呼吸不全に陥ると、血中酸素飽和度が平常時より低下します。そうした患者の体調の変化を迅速に把握するため、一部自治体では自宅での健康観察に活用されています。
 
  • 採用モデルの特徴
1. 簡単に酸素飽和度の測定が可能
クリップに指を挟んで電源を入れるだけで、酸素飽和度の測定が可能です。また、当製品では脈拍数と灌流指標(PI値)も併せて測定することが出来ます。

2. 遮光カバー付き
測定部分に遮光カバーがついており、外光を遮ることが出来ます。パルスオキシメータは指先を赤色光で透過して血中酸素飽和度を測定しているため、強い光や太陽光の下では光が入り込み、正確に測定が出来ません。当製品は遮光カバー付きのため、外光に左右されずに測定が可能です。

3. 軽量で持ち運びしやすい
コンパクトサイズで重量55gと軽く、持ち運びしやすくなっています。ポーチとストラップも付属しており、収納にも便利です。
 
  • 今後の展望
新型コロナウイルス感染症が再拡大しており、4月25日には一部地域に緊急事態宣言が再発令されました。また、全国的な病床使用率の増加も確認されており、医療体制の逼迫が続いている状況です。株式会社ちゃいなびは、そうした状況下で自宅療養をする方や基礎疾患を持つ方の健康観察の一助となるよう、今後もパルスオキシメータ各種の安定供給を継続していきます。

新型コロナウイルス感染症の早期終息と、罹患された方々の一日も早い回復を心よりお祈り申し上げます。

 
【製品概要】
■パルスオキシメータMD300CN350


販売名  : パルスオキシメータMD300シリーズ
      (モデル:MD300CN350)
医療機器認証番号: 231AFBZX00025000
サイズ  : 約)長さ60mm×幅32mm×高さ30mm
重さ   : 約)55 g (乾電池含む)
 
【会社概要】
企業名 : 株式会社ちゃいなび
代表者 : 代表取締役 相馬 喜代子
所在地 : 〒210-0024神奈川県川崎市川崎区日進町7-1 川崎日進町ビルディング10F
設立  : 2013年11月
事業内容: ベビー・マタニティ用品の企画・販売、家庭用医療機器の企画・販売
高度管理医療機器等販売業許可番号:第0715319号
コーポレートサイト  :https://chinavi.co.jp/
公式オンラインショップ:https://chinavi-shop.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ちゃいなび >
  3. 【2度目の自治体採用】4月23日、「パルスオキシメータMD300CN350」が千葉県新型コロナウイルス感染症対策本部にて正式採用