米卸で最大手の神明ホールディングスとオンラインマルシェ「食べチョク」を運営するビビッドガーデンが資本業務提携

取扱農作物の拡大、サービス充実、物流効率化などで連携予定

こだわり生産者の集うオンラインマルシェ『食べチョク』を運営する株式会社ビビッドガーデン(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:秋元里奈、以下ビビッドガーデン)は、米卸で国内大手の株式会社神明ホールディングス(本社:兵庫県神戸市 代表取締役社長:藤尾益雄、以下神明ホールディングス)と資本業務提携契約を締結いたしました。取扱農作物の拡大、サービス充実、物流効率化などで連携を進める予定です。


■ 背景
ビビッドガーデンは「生産者の“こだわり”が正当に評価される世界へ」をビジョンに掲げ、こだわり農家に高い利益率での販路を提案するオンラインマルシェ「食べチョク」を提供し、全国から450軒以上の生産者が登録しています。
神明ホールディングスは「私たちはお米を通じて、素晴らしい日本の水田、文化を守り、おいしさと幸せを創造して、人々の明るい食生活に貢献します。」の企業理念のもと、基幹事業である米穀事業に加え、無菌包装米飯・炊飯米等の加工食品の製造販売、外食事業の展開など、青果物や水産品も含めた「川上から川下までの食のバリューチェーン」の構築に向け積極的に事業を展開しています。

ビビッドガーデンの持つ「食べチョク」のプラットフォーム、神明ホールディングスの持つ物流関係も含めたグループ会社との連携により、生産者により多くの価値を提供できると考え、今回の資本業務提携に至りました。生産者の“こだわり”が正当に評価されることで生産者が正しく儲かる仕組を構築し、日本の水田、文化を守り、人々の明るい食生活に貢献します。


■ 本資本業務提携の内容
  1. 両社における米をはじめとした取扱農産物の拡大
  2. 消費者向け「食べチョク」のサービス充実、認知拡大
  3. 飲食店向け「食べチョクPro」における販売先の拡大
  4. 「食べチョク」及び「食べチョクPro」における配送の効率化
  5. その他両者協議により必要と考えられる事項
※詳細については両社間で協議のうえ、別途取り決めを行う予定です。


■神明ホールディングス 会社概要
会社名:株式会社神明ホールディングス
代表者:代表取締役社長 藤尾益雄
資本金: 2,227,952,500円
本社所在地:兵庫県神戸市中央区栄町通六丁目1番21号
設立日:1950年10月18日
事業内容:グループ全体の経営企画、経営管理及びそれに付帯又は関連する業務
サイトURL:https://www.akafuji.co.jp/


■ビビッドガーデン 会社概要
会社名:株式会社ビビッドガーデン
代表者:代表取締役社長 秋元里奈
資本金: 177,038,500円
本社所在:東京都渋谷区代々木二丁目32番4号
設立日:2016年11月29日
事業内容:こだわり食材のマーケットプレイス『食べチョク』、飲食店向け仕入れサービス『食べチョクPro』の開発・運営
サイトURL:https://vivid-garden.co.jp/


■食べチョクについて

『食べチョク』は、こだわり生産者が集う特化したオンラインマルシェです。
URL: https://www.tabechoku.com

 


『食べチョク』では、基準を満たす生産者であれば誰でも無料で出品者登録ができ、1箱から生鮮三品を出品できます。出品された食材はサイト上から購入すると、収穫後すぐに生産者より直送されます。既存のサービスとは異なり、生産者と消費者が直接つながることができるため、通常流通しない珍しい食材も販売されています。日本のオーガニック農家は全体の約0.5%程度と言われていますが、食べチョクには現在400軒以上のオーガニック農家が登録しています。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)ビビッドガーデン/食べチョク >
  3. 米卸で最大手の神明ホールディングスとオンラインマルシェ「食べチョク」を運営するビビッドガーデンが資本業務提携