(一社)大雪カムイミンタラDMOは㈱道銀地域総合研究所と包括連携協定を締結しました

一般社団法人大雪カムイミンタラDMO(所在地:北海道旭川市/理事長 西川将人(旭川市長))は、株式会社道銀地域総合研究所(所在地:北海道札幌市/代表取締役社長 上杉真)との間で、相互に連携・協力することに合意し、包括連携協定を締結いたしました。
 当DMOに求められる客観的な統計・データを踏まえ、新たな発想による観光振興を推進するためには、徹底したマーケティングを高い水準にて実施し、それを継続していく必要があります。本件の協定によって、マーケティング分析の専門知識やノウハウを持つ地場北海道のシンクタンクである㈱道銀地域総合研究所との協力体制を構築し、DMOに必要なマーケティング力の維持・向上を図っていきます。

1.目的
   観光振興、地域振興、まちづくり等の分野において、相互に連携・協力することを目的としています

2.連携・協力事項
(1) 観光振興や産業振興など地域経済の発展に関すること
(2) 地域づくり・まちづくりの推進に関すること
(3) 観光を基軸にした地域資源の開発・活用に関すること
(4) 地域ブランディング、マーケティングの実施に関すること
(5) その他相互に連携・協力が必要と認められる事項に関すること

【締結式の様子】
日 時:令和元年10月17日(木) 10時30分
場 所:北海道銀行 本店ビル4階「ゲストルーム」
出席者:株式会社 道銀地域総合研究所 代表取締役社長 上杉 真 様
    一般社団法人 大雪カムイミンタラDMO 理事長 西川 将人


【協定イメージ図】


【大雪カムイミンタラDMOについて】
DMO(ディー・エム・オー)とは、“Destination Management/Marketing Organization”の略語で、地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立って、観光地域づくりを行う組織です。自治体・民間の枠を超えて、地域や事業者など様々な関係者と連携・協働しています。データに基づくマーケティングと検証を行い、明確なコンセプトに基づいて戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整・支援機能を担っています。
「カムイミンタラ」とはアイヌ語で「神々の遊ぶ庭」という意味です。圏域とする大雪エリアは、大雪山連峰の様々な恩恵を受ける北海道旭川市を中心とした周辺1市7町(旭川市、上川町、東川町、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町)で構成されています。

【道銀地域総合研究所について】
平成24年に北海道銀行の100%子会社として設立されたシンクタンク。北海道銀行グループとしてシンクタンク機能を発揮し、事業 範囲は金融・経済・産業・市場・家計・企業経営・公共政策等に関する調査研究・受託調査ならびにコンサルティング事業等幅広く、地域の発展・活性化に寄与しています。

【大雪カムイミンタラDMO ニュースリリース】
https://www.taisetsu-kamui.jp/information/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 大雪カムイミンタラDMO >
  3. (一社)大雪カムイミンタラDMOは㈱道銀地域総合研究所と包括連携協定を締結しました