MONKEY MAJIK メイナード&ブレイズ(Vo&G)出演決定!3/20開催「WE Day Community: Japan 2020」出演者情報第二弾公開

テツandトモ、よしあき&ミチなど、出演・登壇者が続々と決定

認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(所在地:東京都世田谷区南烏山6-6-5-3F、代表:中島早苗、以下、略称「FTCJ」と表記)は、子ども・若者の社会貢献を祝うライブイベント「WE Day Community: Japan 2020」を、3月20日、東京・渋谷のLINE CUBE SHIBUYA(旧:渋谷公会堂)で日本初開催します。この度、大人気バンドMOKEY MAJIKからメイナード&ブレイズ(Vo&G)、⽼若男⼥問わず国⺠的な⼈気を集めるお笑いコンビ・テツandトモ、“オシャレすぎる姉弟” として中⾼⽣から絶⼤な⽀持を受けるよしあき&ミチの出演が決定しました。更に、スピーカーには、せやろがいおじさん、⼭⼝由⼈(ゆうじん)さん、堀潤さんの登壇も決定しました。

(出演者情報第1弾のプレスリリースはこちら)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000035268.html

【WE Dayとは】

2007年に、フリー・ザ・チルドレン本部(現:WE Charity)のあるカナダ(トロント)で始まり、
2018年には4ヵ国15都市およびオンラインで、年間30万人以上もの子どもや若者が参加する
一大ムーブメントになりました。

WE Dayは、「自分達には世界を変える力を持っている
世界を変えるために、自分たちができることを考えて行動しよう」というメッセージを伝える目的で、

SDGsに関わる、国内外の社会課題に対し、何らかのソーシャルアクション(社会貢献活動(規模を問わず))に
取り組んだ子ども・ 若者を招き、その活動を祝い、チェンジメーカーとして更に発展していけるよう
エンパワーメントする(力づける)、世界的ライブイベントです。

アジア圏での開催実績がなかったWE Dayを、2020年3月20日(金・祝)に東京・渋谷の
LINE CUBE SHIBUYA(旧:渋谷公会堂)で日本初開催します。

 

 

WE Dayの詳細は、以下のプロモーション動画をご覧ください。

​※SDGsの説明は、国連広報センターのウェブサイトをご覧ください。
https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/
 

■MOKEY MAJIK

カナダ⼈兄弟・Maynard(メイナード:Vo&Gt )と

Blaise(ブレイズ:Vo&Gt)、⽇本⼈・TAX(タックス:Dr)と

DICK(ディック:Ba)から成る、4ピースハイブリッドロック・

バンド。メンバー全員が宮城県在住で、仙台市内を活動拠点に

している。2006年1⽉binyl records より1stシングル『fly』を

リリース。そのメンバー構成が象徴するように、ジャンルに

とらわれないサウンドアプローチで、⾃由でボーダ・レスな

⾳楽を⽣み出し続けている。

 

2ndシングル『Around The World』は、フジテレビ系ドラマ「⻄遊記」の主題歌として爆発的なヒットを記録。
CMソングに『空はまるで』が起⽤されアーティスト性を確⽴した。
2011年1⽉には東北観光親善⼤使に任命され、また同年に東⽇本⼤震災復興⽀援プロジェクト「SEND 愛」を主催、
チャリティーライブやオークションを⾏ってきた。

多くのアーティストへの楽曲提供やコラボレーションも⾏なっており、2019年にはサンドウィッチマンとの
『ウマーベラス』含むコラボアルバム『COLLABORATED』をリリース。

今年バンド結成20周年を迎え、2⽉26⽇には12枚⽬のオリジナルアルバム『northview』をリリース。
7⽉11⽇(⼟)には、東京ガーデンシアター(有明)にて記念公演
「MONKEY MAJIK 20th Anniversary 〜花⿃⾵⽉〜」を開催予定。

2009年にFTCJが主催した、カナダ⼤使館でのチャリティライブに出演した経緯から、

今回の「WE Day Community: Japan 2020」への出演が決定。

 

当時の様子当時の様子

当⽇は、東北の学⽣達と共に⽀援活動の様⼦を発表するほか、エンディングでスペシャルステージも予定。

彼らの⾳楽によって会場が⼀つになり、盛⼤に締めくくられるフィナーレは必⾒。

■テツandトモ

1998年コンビ結成。「なんでだろう」が2003年新語流行語大賞、
年間大賞を受賞。同年、NHK「紅⽩歌合戦」に⽩組歌⼿として出場。
コンビ初の絵本「なんでだろう」(世界文化社)、

アルバム「テツandトモの 元気になれるのなんでだろう?」
(キングレコード)好評発売中!
現在、テレビ出演の他、老若男女が楽しめる、お笑いと歌のステージを
全国各地で展開中。

■よしあき&ミチ


SNSフォロワー合計150万⼈超「よしミチ姉弟」(姉:ミチ 弟:よしあき)と
して⼈気を集める。
今年最も流⾏ったヒト部⾨第1位(SHIBUYA109lab.)にも選出され、

テレビ、雑誌、ファッションショーなど様々な舞台で活躍する、
今最も注⽬のリアル姉弟モデル。
 

■せやろがいおじさん

沖縄にある芸能事務所「オリジン・コーポレーション」所属の

お笑いコンビ『リップサービス』ツッコミ担当。
コンビでTV・ラジオのレギュラーを持ち、県内の賞レースでも四連覇を

達成する実⼒派。  2019年10⽉よりTBS朝の帯番組「グッとラック!」にて
レギュラー出演中。Youtubeチャンネル「ワラしがみ」では、

“せやろがいおじさん”として沖縄の美しい海をバックに、

笑いを通して社会問題に物申す。

Twitterでは23万⼈以上のフォロワーがいる。「年⾦制度の限界を認めたお偉いさんに⼀⾔」は、

Twitterで453万回再⽣、「“若者の   政治離れ”と⾔ってる⼈に⼀⾔」は300万回再⽣、
「⽩⾎病患者の⼒になりたい⽅へ⼀⾔」は220万回以上の再⽣回数を数えている。
⾚いふんどし、⾚いハチマキがトレードマーク。

■山口 由人(ゆうじん)

「Sustainable Game」設⽴代表、中学⽣社会起業家。聖学院中学校3年。

中学2年⽣の時、SDGsの啓蒙活動を始め、⾃⾝が発案した、歩きスマホ問題

を解決する交通⽀援アプリ「Smooth Transfers」が第1回東京交通

オープンデータチャレンジJR賞を受賞。全国300⼈以上のSDGsに関⼼のある

中⾼⽣が集うオンラインコミュニティー「SDGs Network U18」を設⽴。

中学3年⽣の時、社会起業家教育のプログラム「課題発⾒DAY」を開発し、

Sustainable Gameを起業。計7回のイベント主催を通して、350⼈以上の

中⾼⽣にプログラムを提供。順天⾼校Global Week、

GiFT主催Educator Summitや、SDGs100⼈カイギのスピーカー等を

務める。BS12夢ラボやフジテレビフューチャーランナーズ出演。

■堀 潤

ジャーナリスト・キャスター。1977年⽣まれ。
NPO法⼈8bitNews代表理事/株式会社GARDEN代表。
元NHKアナウンサー、2001年NHK⼊局。

「ニュースウォッチ9」リポーター、「Bizスポ」キャスター。

2012年⽶国ロサンゼルスのUCLAで客員研究員、⽇⽶の原発メルトダウン

事故を追ったドキュメンタリー映画「変⾝Metamorphosis」を制作。

2013年にNHKを退局し、NPO法⼈「8bitNews」代表に。

2016年、株式会社GARDENを設⽴。



現在、TOKYO MX「モーニングCROSS」キャスター、

J-WAVE「JAM THE WORLD」ニュース・スーパーバイザー、abemaTV「AbemaPrime」コメンテーター。

2019年4⽉、早稲⽥⼤学グローバル科学知融合研究所招聘研究員に就任。

映画「わたしは分断を許さない」が2020年3月公開予定。


イベント名:WE Day Community: Japan 2020(読み:ウィー・デイ・コミュニティ・ジャパン)
公式ウェブサイト:http://ftcj.org/wedayjapan
開催⽇時:2020年3⽉20 ⽇(⾦・祝) 13:00〜16:00
会場:LINE CUBE SHIBUYA(旧:渋⾕公会堂)
対象:SDGsに紐づいた国内外の社会課題に対しアクションを起こした25歳以下(※)の⼦どもや若者
  ※2019年4⽉1⽇時点で25歳以下
参加費:無料
募集⼈数:2000名 2020年2⽉29⽇(⼟) 締切、定員になり次第募集終了
主催:認定NPO法⼈フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
出演者:⼟屋アンナ…スペシャルアンバサダー ゴリ(ガレッジセール)…MC
    伊是名夏⼦、梶原拓朗、ケイティ、TATSUYA、坂⼝くり果、せやろがいおじさん、
    たかまつなな(笑下村塾)、テツandトモ、堀潤、ミシェル・チクワニネ、MONKEY MAJIK、
    YANO BROTHERS、⼭⼝由⼈、よしあき&ミチ、わたなべちひろ ほか
後援:東京都、渋⾕区、世⽥⾕区、渋⾕区教育委員会、世⽥⾕区教育委員会、カナダ⼤使館、

   国際協⼒機構(JICA)、⽇本YMCA同盟、ガールスカウト⽇本連盟、ボーイスカウト⽇本連盟、

   ユネスコ・アジア⽂化センター、ESD活動⽀援センター、関東地⽅ESD活動⽀援センター
賛同⼈:坂本⿓⼀(アーティスト)、⻑⾕部健(渋⾕区⻑)、鈴⽊寛(東京⼤学・慶応⼤学教授)、
    東ちづる(⼥優・⼀般社団法⼈Get in touch理事⻑)、喜多明⼈(早稲⽥⼤学教授)、
    ⼩暮修也(学校法⼈明治学院学院⻑)、⻄郷孝彦(世⽥⾕区⽴桜丘中学校校⻑)、
    岩附由⾹(認定NPO法⼈ACE 代表)、宮城治男(NPO法⼈ETIC 代表理事)、
    鵜尾雅隆(認定NPO法⼈⽇本ファンドレイジング協会代表理事)、
    甲斐⽥万智⼦(認定NPO法⼈国際⼦ども権利センター(シーライツ)代表理事、⽂京学院⼤学教員)、
    ⾨⽥瑠⾐⼦(特定⾮営利活動法⼈エイズ孤児⽀援NGO・PLAS代表理事)、
    マエキタミヤコ(株式会社サステナ代表)、堀内光⼦(児童労働ネットワーク代表、元ILO事務局⻑補)、
    ⾕⼭⼤三郎(⼀般社団法⼈てとり代表理事)、
    ⼭⽥泰久(⼀般財団法⼈⾮営利組織評価センター業務執⾏理事)、
    ⾨⽥(もんでん)頼枚(⼀般社団法⼈ソーシャル・ジャパン理事/演出家)
    家入 一真(株式会社CAMPFIRE 代表取締役CEO)
協⼒:OSAKAあかるクラブ、フロンティアインターナショナル、iPledge、オール・ニッポン・レノベーション、
   Wake Up Japan

●2007年にカナダ・トロントにて第1回目実施(参加者7,000人)、以後、毎年開催
●これまでに、のべ65万人以上の青少年が参加(2007年-2016年)
●2016年度は、カナダ・アメリカ・イギリスなど14都市で、17回開催
●日本テレビ「ZIP!」にてその模様が紹介放映(2014年)



【主催:認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンについて】

カナダに拠点を置く国際NPO「WE Charity」の日本支部で、1999年から活動している認定NPO法人です。
 ・国内外の貧困や差別から子どもをFree(解放)すること
 ・「子どもには世界を変えられない」という考えから子どもをFree(解放)すること
をミッションとして、国際理解教育の出前授業、途上国へのスタディツアーや国内での研修キャンプ、
子どもの教育・人権関係のキャンペーン参加等を通じ、子ども達のチェンジメーキングスキル(社会を変える力)
の醸成・育成等に携わっています。
詳細:https://ftcj.org/about-us

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン >
  3. MONKEY MAJIK メイナード&ブレイズ(Vo&G)出演決定!3/20開催「WE Day Community: Japan 2020」出演者情報第二弾公開