5G X LAB OSAKAに展示開始!「はやい、やすい、巧い」AIのフツパー、株式会社TOMORROWと共同でオフライン広告の効果可視化サービスを開発。

フツパーのAI画像処理解析の技術を活用し、オフライン広告の効果の可視化をご支援。

株式会社フツパー(本社:大阪府淀川区、代表取締役:大西洋、以下「フツパー」)は、株式会社 TOMORROW(本社:代表取締役:津川 大輔、以下「TOMORROW」)と共同でAI画像処理解析の技術を活用したオフライン広告の効果可視化サービスを開発し、また、同サービスは2021年3⽉10⽇より大阪市にある「5G X LAB OSAKA(ファイブジー・クロス・ラボ・オオサカ)」でデモの展示を開始しました。

■サービスの概要

街にある交通広告やサイネージや看板などのオフライン広告は発展途上にあります。
インターネット広告のようにユーザーの行動の可視化できた上での効果測定ができていないのが実状です。
効果の測定や視聴者単位での広告の出し分けや課金方式が実現することで今後もっとオフライン広告市場が飛躍できると考えます。
本サービスでは広告クライアント、不動産デベロッパー、商業施設、鉄道事業者、観光施設、広告代理店向けに高度なAI画像処理解析の技術を活用しオフライン広告の効果の可視化をご支援します。また、観光施設や商業施設などのマーケティングへの活用もご支援可能です。

■提供機能

・即座に利用可能!
画像認識AIをエッジデバイス提供することで、対象広告の近くに設置するだけで即座にオフライン広告効果の可視化を実現できます。

・オフライン広告の視聴データを可視化し、レポーティングが可能!
カメラ画像から、映っている人の数・視聴数・年齢・性別をAIが判定し、結果を判定画面に表示し、広告効果を可視化します。また、抽出されたデータはcsv形式でアウトプットでき、即座にレポートととして活用可能です。

・リアルタイムな処理と効果の確認が可能!
AIの判定はデバイス内だけで処理しており、判定結果のみクラウドにMQTT通信で送信することで高速な処理を実現します。

・判定結果はいつでもどこでも閲覧可能!
判定画面はクラウド提供のため、インターネットに接続された任意のデバイスで、いつどこでも閲覧ができます。

・エッジ処理だから個人情報を保護!
デバイス側で処理するため、判定する個人/顔情報をインターネット上にアップロードしません。

■5G X LAB OSAKAについて

5G X LAB OSAKAは、2020年10月に大阪市のソフト産業プラザTEQSに開設された、5Gを活用する製品・サービスの開発を支援するためのオープンラボです。
5G環境での開発・検証と5G活⽤事例のデモを体験できるほか、ビジネスサポートも行われています。
*5G X LAB OSAKA概要 (https://teqs.jp/5gxlab)
*運営団体
大阪市/ソフトバンク株式会社/公益財団法人大阪産業局/一般社団法人i-RooBO Network Forum

 


■会社概要

会社名:株式会社 TOMORROW
代表者:代表取締役 津川 大輔
所在地:広島県広島市中区千田町1-1-61
URL:https://best-tomorrow.com/
事業内容:
・システムの企画、開発、運用、保守、販売、配信、管理及びそれらの受託
・各種アプリケーションソフトの企画、開発、制作、配信、管理、運営及び販売
・ウェブサイト、ウェブコンテンツ、デジタルコンテンツ、その他インターネットを利用した各種サービス等の企画、制作、販売、配信、運営及び管理
・インターネットを利用した広告代理業
・インターネットによるビジネスに関するコンサルティング業
・広告代理業
その他

会社名:株式会社フツパー

代表者:代表取締役 大西洋
所在地:大阪市淀川区東三国4-25-29
URL:https://hutzper.com/
E-Mail:info@hutzper.com
事業内容:製造業向け画像認識エッジAIサービスの提供

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フツパー >
  3. 5G X LAB OSAKAに展示開始!「はやい、やすい、巧い」AIのフツパー、株式会社TOMORROWと共同でオフライン広告の効果可視化サービスを開発。