パンテック、dentsu Japanとともに使用しなくなったペットボトルで風呂敷「HYAKU-YOU(ヒャクヨウ)」を開発

環境負荷低減を実践する「で、おわらせないPROJECT」第3弾

プラスチックリサイクルのトータルプロデュース事業を展開する株式会社パンテック(本社:滋賀県大津市、代表取締役:黒木 正明、以下「パンテック」)は、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:榑谷 典洋、以下「電通」)をはじめとするdentsu Japan※1 傘下の4社と共同で、使用しなくなったプラスチック製品のアップサイクルを推進することでさまざまな社会課題に対応する「で、おわらせないPROJECT」※2 の第3弾として、使用しなくなったペットボトルから風呂敷「HYAKU-YOU(ヒャクヨウ)」を開発しました。

「HYAKU-YOU(ヒャクヨウ)」は、入れ替え期限を迎えた災害用備蓄水のペットボトルを繊維化し開発した風呂敷です。環境意識向上を図る目的でdentsu Japan各社従業員へ配布・使用され、dentsu Japan内でのプラスチックの資源循環を実現。今回製造したペットボトル由来の生地は、今後、風呂敷やエコバッグなど、クライアント向けノベルティの素材として活用される予定です。

パンテックは、ペットボトルを粉砕、再生原料加工を行い、再生ポリエステル繊維化して風呂敷を製造するアップサイクルのスキーム構築をプロデュースしました。

「で、おわらせないPROJECT」は、これからもプラスチック製品のリサイクルによる環境負荷軽減への取り組みとともに、社会全体のDEI※3の意識啓発・理解促進に貢献します。



〈風呂敷「HYAKU-YOU(ヒャクヨウ)」〉

※500mlペットボトル1本から、風呂敷(70cm×70cm)を約6枚製作可能

※画像はイメージ



なお「HYAKU-YOU(ヒャクヨウ)」のデザインには、福祉を起点に新たな文化をつくりだす福祉実験ユニットの株式会社ヘラルボニー※4(本社:岩手県盛岡市、代表取締役社長:松田 崇弥、代表取締役副社長:松田 文登)が契約する3人の異彩作家が描いたアートを採用しました。


左から、「レースフラワー」福井 将宏、「africarose」衣笠 泰介、「DRAGON」Fumie Shimaoka

( HYAKU-YOU(ヒャクヨウ) https://deowarasenai.jp/product/hyaku-you.html



パンテックは1996 年の設立以来、プラスチックリサイクルのトータルプロデュースに取り組んでおります。パンテックは今後もサーキュラーエコノミー(循環経済)への移行に向けた社会や企業の課題に寄り添い、国内外のパートナーとの共創を通じて、プラスチックを資源として循環させる「環プラ®︎」※5の社会実装を推進していきます。




コラボレーション企業:

株式会社ヘラルボニー / HERALBONY Co.,Ltd. https://www.heralbony.jp 


dentsu Japan内の参加企業:

株式会社電通 https://www.dentsu.co.jp/

株式会社電通コーポレートワン https://www.dc1.dentsu.co.jp/

株式会社電通プロモーションプラス https://www.dentsu-pmp.co.jp/

株式会社電通プロモーションエグゼ https://www.dentsu-pme.co.jp/


※1 グローバルに展開する「dentsu」の4事業地域のうち、日本事業を統括・支援する機能とともに、日本の事業ブランドを示す。dentsu Japanは「Integrated Growth Partner」として顧客企業の成長、ひいては社会の持続的発展に貢献する。

https://www.japan.dentsu.com/jp/


※2 オフィスで使用しなくなったプラスチック製品を再資源化し、創造的再利用(単なる素材としての再利用だけではなく元の製品よりも価値の高いものを生み出すことを目的とする)を目指す、自社で取り組める社会課題対応型のアップサイクルプログラム。2022年より国内電通グループ[堀田1] 横断で実施。「B-to-B」のさらにその先にあるS(ソサイエティ)と向き合う「B2B2S (Business to Business to Society) 」企業グループへの進化を経営方針として掲げ、その施策の1つとして位置付けている。

https://deowarasenai.jp


※3 「ダイバーシティ・エクイティ・インクルージョン」の略。社会における人々の多様性(ダイバーシティ)、公平性(エクイティ)、包摂性(インクルージョン)に関する課題と、それを高める対策のことを指す。


※4「異彩を、 放て。」をミッションに、 福祉を起点に新たな文化の創出を目指す福祉実験ユニット。国内外の主に知的障害(株式会社ヘラルボニーの考え方に基づき「障害」と記載)のある作家とアートライセンス契約を結び、2,000点を超えるアートデータを軸に、福祉領域の拡張を見据えた多様な事業を展開。2022年「日本スタートアップ大賞 2022 審査委員会特別賞」受賞。


※5 プラスチックを廃棄することなく、資源として循環させることを意味する造語。株式会社パンテックの登録商標。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パンテック >
  3. パンテック、dentsu Japanとともに使用しなくなったペットボトルで風呂敷「HYAKU-YOU(ヒャクヨウ)」を開発