【メンテナンス業界DX事例集】国内外の事例を網羅的に調査した結果を公開

メンテンナンス業界におけるDX事例30

製造業の生産現場向けSaaS「Proceedクラウド」の開発および運営を行う株式会社東京ファクトリー(本社:東京都文京区、代表:池 実、以下東京ファクトリー)は、国内外のメンテナンス現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)事例を網羅的に調査した結果をまとめた「メンテナンス業界におけるDX事例30」を公開いたします。
事例集の無料ダウンロードはこちら:https://doc.proceed-cloud.com/maintenance-ebook

日本の多くのプラントでは建設から数十年が経過し老朽化進むほか、保守、安全管理の実務を担ってきたベテランが引退の時期を迎え、重大事故のリスクが増加しています。一方、プラントの生産性維持、向上のためには、事故発生による操業停止や修繕費用発生を抑制し、安定的に運転をしていくことが求められます。

今後もメンテナンスの担い手が減少する中で、メンテナンス業務の効率化-高度化が大きな課題になっています。そんな中でメンテナンスにおけるDX(先端技術の活用)が担う役割は大きく、①効率化(業務や稼働率)、②安定稼働(予知保全等)、③安全性向上が期待されています。

現在、ハード、情報通信、3D活用の進化から様々な取り組みがされており、本事例集では国内外の事例を網羅的に調査した結果をまとめております。

本事例集をもとに、是非自社のメンテナンス現場と比較いただき、デジタル化の検討材料にしていただければ幸いです。


■概要
本事例集では国内外の事例を網羅期に調査した結果をまとめております。
  • DX化による業務や稼働の効率化事例
  • DX化による予知保全等の安全稼働の推進
  • DX化よる安全性の向上


■目次
1. ドローン

2. ロボット

3. IoT/スマートデバイス
4. AI
5. SaaS
6. 3Dスキャナー/プリンター
7. デジタルツイン


■Proceedクラウドについて

「Proceedクラウド」は工程写真を基に製造情報データベースを構築することで、分散していた生産情報を集約し、製造状況の可視化を行うサービスです。モバイル端末での写真整理・保存機能、写真一覧画面への工程情報の表示機能、写真への書込み機能などにより、業務効率化、遠隔での製作進捗状況の把握、技能継承の基になるデータベースの構築を実現いたします。

現在は大手重工メーカーやEPCに限らず、発電所・船舶・化学プラントのメンテナンスの現場での活用も進んできております。Proceedクラウドにご関心のある方は是非サービスサイトをご確認ください。

Proceedクラウドの代表的な機能は下記です。
  • 写真撮影/整理機能
  • 工程管理機能
  • 写真/ファイルの検索機能
  • チャット機能
  • 写真集作成機能
  • 電子小黒板機能
  • 写真単位での閲覧権限の付与機能
Proceedクラウド:https://proceed-cloud.com/


■株式会社東京ファクトリー
本社所在地:東京都文京区本郷3-40-3 SKビル202
代表者  :代表取締役 池 実
設立   :2020年4月1日
会社サイト:https://tokyofactory.co.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東京ファクトリー >
  3. 【メンテナンス業界DX事例集】国内外の事例を網羅的に調査した結果を公開