オンデマンドの周回衛星通信用地上局サービス実現に向け、豪Capricorn Space社とインフォステラが協業

創業間もないオーストラリアの地上局運用事業者であるCapricorn Space社と、日本の周回衛星通信用地上局プラットフォーム事業者であるインフォステラは、インフォステラの顧客がプラットフォームを通じてAustralian Ground Network – West(AGN-W、オーストラリア西部の周回衛星通信用地上局ネットワーク)へアクセスできるようにすることで合意しました。この拠点は、西オーストラリア州ミンゲニューの近くにあります。

AGN-Wは、グローバルに事業を展開する衛星事業者向けにCapricorn Spaceによって構築され、インド洋からオーストラリア大陸全土にいたる南半球の地域でサービスを提供しています。現在、そのシステムは、5mのS/Xバンドアンテナシステム2基と、関連するインフラストラクチャで構成されています。今年初めに緑地建設開発プログラムが策定されたのを受けて、この施設は2019年10月に運用が開始されました。なお、この拠点は2019年12月10日のオープニングセレモニーをもって、正式に開設されました。

Capricorn Space社のCEO、Mark Thompsonは次のように述べています。「インフォステラと協業できることを大変嬉しく思います。西オーストラリアに弊社の拠点を設置することを検討し始めたときから、インフォステラが躍進する様子を大きな興味を持って追い続けてきました。インフォステラと同社のStellarStationプラットフォームのおかげで、弊社のサービスエリアを通過する衛星にオンデマンドで容易にアクセスできるようになります。弊社はインフォステラと協力して、信頼性とコスト効率に優れたタイムリーなサービスを提供してまいります。アジアの回廊地帯という戦略的なロケーションに拠点を構えたことで、お客様の関心が大いに高まりました。近い将来、さらに新たな発表をできるよう努めます。Capricorn Space社が提供する独自のアクセス機能により、地域の衛星事業者は自社のアンテナを設置して弊社のサービスを直接利用できるほか、インフォステラなどのグローバルインフラストラクチャコーディネーターと連携することも可能です。インフォステラとは、今後長期的に良好なパートナーシップを築き、互いに協力して衛星通信用インフラ事業者を通じて衛星にアクセスする事業者からの新たな需要に応えてまいります。」  

 一方、インフォステラのCEO、倉原直美は次のように語っています。「近年、周回衛星運用事業者の間ではS/Xバンドの通信に対する需要が高まっています。Capricorn Space社の西オーストラリアの拠点が弊社のネットワークに加われば、サービスエリアを拡大し、拡張性と柔軟性に優れた地上サービスをより手頃な料金で、多くの衛星事業者に提供できるようになります。オーストラリアは宇宙ビジネスにとってますます魅力的な場所となるでしょう。プロトコルやハードウェアに依存しないStellarStationのプラットフォームが、参入障壁を下げ、活気に満ちたスペースエコシステムの発展に貢献することを願ってやみません。」

Capricorn Space社について
Capricorn Space社は、デジタルの世界における衛星データの価値を高めることを目指して設立されました。データを適切なユーザーにすばやく届けられれば、データの価値が最大限に高まり、官民を問わず、組織はその中核となる目標を容易に達成できるようになります。つまりは、データが目標達成の要となります。

オーストラリア宇宙庁設立の発表を受け、オーストラリアの宇宙業界には豊富なビジネスチャンスが生まれています。Capricorn Space社では、このような環境を生かすとともに、オーストラリアの技術や起業家精神を活用していきたいと思っています。

ある報告によれば、オーストラリア、さらには南半球には、商用の地上局が比較的少ないことがわかりました。オーストラリアの広大な地形を考え合わせると、オーストラリア全土に地上局のネットワークワークを広げれば、低軌道(LEO)衛星や中軌道(MEO)衛星向けのサービスを飛躍的に強化できることは明らかです。

Capricorn Space社では、経験豊かな、管理、技術、法規制、ビジネス開発のプロフェッショナルで構成されるチームを立ち上げました。チーム全員の宇宙業界での経験年数を合算すると、その数字は100年を優に超えます。

Capricorn Space社の詳細と製品の画像は、以下でご覧いただけます。

Capricorn Space社ホームページ: https://www.capricornspace.com.au/
同社の製品画像: https://www.capricornspace.com.au/open-for-business

サービスの提供が計画されている地域:

インフォステラについて
インフォステラは、サービスとしての衛星通信用インフラ事業者として、柔軟性と拡張性に優れたStellarStationと呼ばれる地上局ネットワークを提供しています。地上局分野への参入障壁を低減することで、次世代宇宙ビジネスのスタートアップ企業様のミッション開発とサービス改善を支援します。インフォステラは 2016 年に設立され、本社を東京に置きます。

さらに詳しい情 報はhttps://www.infostellar.net/をご覧ください。ロゴ及び画像はhttps://www.infostellar.net/news/1/kit.zipからご入手ください。

StellarStationについて 
インフォステラは地上局を集約するこのプラットフォームStellarStationにより、新たな衛星サービスが実現します。一度のセットアップで、衛星運用者が世界中の地上局にアクセスできます。一方、地上局オーナーは、非稼働の地上局を他の衛星事業者が利用できるよう貸出すことができるので、地上局の空き時間を収益につなげることができます。詳しい情報については、https://www.stellarstation.com/ をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インフォステラ >
  3. オンデマンドの周回衛星通信用地上局サービス実現に向け、豪Capricorn Space社とインフォステラが協業