『住まいの買いどき感』調査(2017年9月度)

住み替え検討者の買いどき感は、前年の同じ時期より0.7ポイント増加

株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:淺野健)は、『住まいの買いどき感』調査(2017年9月度)を行いました。この調査は、住宅購入や住み替えを検討している人や、それらを検討していない人を含む一般生活者を対象に、今が「買いどき(住宅の購入、建築・リフォームのタイミング)」だと感じているかどうか、実態を把握することを目的として、7大都市圏を対象に3カ月に1度、定期的に実施しております。このたび、2017年9月度調査の結果を取りまとめましたので、概要をご報告致します。

≪調査トピックス≫

 

●一般生活者のなかで今が「住まいの買いどき」と感じている人は15.7%で、前回調査より

  1.0ポイント減少、前年の同じ時期より1.7ポイント低い結果となった

 

●住み替え検討者の買いどき感は前回より0.4ポイント、前年の同じ時期より0.7ポイント増

  加の39.9%に(下記のグラフ参照)

●注文住宅・新築分譲マンション・新築分譲一戸建て・中古マンション検討者の買いどき感

   は、前年および2年前における同時期の買いどき感を上回った

●買いどきと感じる理由は、

   1位「消費税率の引き上げが予定されているから」

   2位「お金が借りやすいから」

●買いどきと感じる理由のうち「消費税率の引き上げが予定されているから」は、前回より

 3.6ポイント増加した。一方で、2016年3月調査から前回調査まで増加が続いていた「景

 況感が上昇しているから」は今回2.2ポイントの減少に転じた

 

 

▼プレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d28482-16-pdf-0.pdf

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リクルート住まいカンパニー >
  3. 『住まいの買いどき感』調査(2017年9月度)