エシカルセレクトショップ「カーサフライン」がミツロウから作った天然ラップaco wrapの新規取り扱いを開始

天然素材を使用した土に還るラップ

CASA FLINE(本社:東京都港区、代表取締役社長:原田直哉、以下カーサフライン)は、 ミツロウから作った天然ラップaco wrapの新規取り扱いを開始いたしました。
aco wrapとは
岐阜県のミツバチの巣から採取したみつろうをベースにしたオイルを、たっぷりとオーガニックコットンの生地に染み込ませた天然ラップです。主にみつろうとオーガニックコットンでできており、食材や器をぴたりとラップします。みつろうとホホバオイルには抗菌性と天然の保存性があるので、食品の鮮度の持ちが良くなります。


原材料はフェアトレードによってつくられたオーガニックコットン、岐阜県のみつろう、オーガニックホホバオイル、植物由来の天然樹脂、すべて天然素材のみを使用しています。
また、Made in Japanにこだわり、染め、裁断、加工、全ての行程をひとつひとつ丁寧に手作業でつくっています。


















aco wrapは手の温かさで柔らかくなるので、あらゆる形にフィットし、そのまま野菜の切り口やお皿へのラップとして使用することができます。使用後は、水または環境に優しい食器用洗剤や石鹸で優しく洗い、自然乾燥して保管が可能。およそ半年から1年間、繰り返し使用できます。そして最後は土に還ります。


色について
aco wrapの色合いは、季節の移り変わりを旬の野菜との相性で楽しんでもらえるよう四季折々の自然の色彩を採り入れた日本の伝統色「かさね色目」の組み合わせを基にしています。
また、翡翠色・泥色は日本を代表する絹織物である奄美大島紬の泥染めを行う、金井工芸さんの天然染色により独特の美しく上品な色合いに仕上げられています。

みつろう色
蜜蝋そのものが持つ独特な美しい色を活かした自然の色。そのため、ミツバチの食べるハチミツの花の種類やミツバチの状態によって、ミツバチの作る「みつろう」の色味に差が出ます。

翡翠色​
藍と奄美大島の福木によって染められた色。

泥色
奄美大島特有の染色方法によって染められた色。
テーチ木で染めた後、奄美大島の泥田に浸すという作業を繰返すことによってつくられています。



取り扱い店舗
公式通販サイト:https://casafline.com/








天然ラップ 草木染め(S)
Price : ¥1,200 +tax
Color : 翡翠色・みつろう色・泥色






 









天然ラップ みつろう(M)
Price : ¥1,500 +tax
Color : みつろう色・泥色・翡翠色





 

 









天然ラップ 泥染め(L)
Price : ¥2,650 +tax
Color : 泥色・翡翠色・みつろう色







CASA FLINE(カーサフライン)
地球に優しい、人に優しいモノづくり を
コンセプトとしたセレクトショップ。
エシカルな商品作り・商品セレクトはもちろん、
内装においても可能な限り地球に還る素材を選ぶなど、
商品に留まらずエシカルを実践する
ライフスタイルセレクトショップ。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CASA FLINE >
  3. エシカルセレクトショップ「カーサフライン」がミツロウから作った天然ラップaco wrapの新規取り扱いを開始