日本初!フードテックベンチャー、グリーンカルチャーが植物から魚肉を開発。浅草の寿司屋にて限定提供。

植物肉「Green Meat™」を応用したプラントベースの魚肉を開発

2021年6月25日(金)グリーンカルチャー株式会社(代表取締役 金田郷史)は植物性タンパク等を主原料とした魚肉「Green Meat™ Model F」を開発したことを発表いたします。本製品は、7月2日(金)より東京・浅草の「Vege-Sushi Japan 浅草本店」にて数量限定で提供されます。

 
  • 「Green Meat™ Model F」開発の背景
当製品は、植物肉「Green Meat™」の応用研究から生まれたもので、魚特有の食感と味わいを再現しました。植物肉開発に特化した物理化学データの解析と蓄積。さらに既存食品の逆行解析により植物由来の魚を生み出しました。魚特有の細かい繊維感を残しながらも、程よいほぐれ感が特徴です。

寿司や丼物へ違和感なく取り入れられることから植物肉のさらなる販路拡大を目指しております。今後も、グリーンカルチャーの植物肉開発の知見を組み合わせることで、植物肉の消費拡大へ貢献していく所存です。
 
  • 浅草の寿司屋で数量限定提供へ

「Green Meat™ Model F」は、国際観光都市である東京・浅草の「Vege-Sushi Japan浅草本店」で限定提供されます。店主こだわりの技法によって、動物性原料を使用しない「軍艦巻き」など世界最先端のプラントベースドフードを、江戸情緒あふれる店内で味わうことができます。

【試験提供】
開始日:2021年7月2日(金)
価格:時価(オープン価格)
特徴:紅鮭のように脂のりがよく、味にコクがあり風味豊か。
 

【​Vege-Sushi Japan浅草本店】
野菜料理10品、野菜寿司10品の20品を基本としたフルコースを中心に提供。食材はこだわり抜いた一級品ばかりを使用しているため料理の説明が長いのが特徴。しかしその説明があるからこそ、料理を舌だけではなく、命まるごと感じて食べるという不思議な体験ができます。

・住所:東京都台東区浅草2-27-16

※要事前予約…お問い合わせは、下記LINE@よりお願いいたします。
https://lin.ee/AA4sVb8
 
  • 植物⾁「Green Meat™」シリーズ概要
2021年4⽉に外⾷事業者向けに販売を開始した「Green Meat™」は、⼤⾖たんぱく等を原料とした動物性原料不使⽤の 植物⾁で、ミンチ状のため畜⾁と同様に様々なレシピに使⽤することができます。既に、都内有名ラーメン店「麺屋武蔵 」(「プラントベース⾓煮ら〜麺」でコラボ)や、東京・⿇布⼗番の⾼級レストランで採⽤されています。また、既に北⽶をはじめ海外への輸出も⾏っており、今春にはマカオへの輸出が決定いたしました。さらに現在、欧⽶豪諸国への輸出計画も進⾏中です。
 
  • グリーンカルチャー株式会社の概要
グリーンカルチャー株式会社は、「健康と地球とずっと。」テーマに掲げ、サスティナブルな未来をつくるため、植物肉の開発・製造・販売を行っております。代表の金田が、米国留学時に日本より多様性に富んだ現地の食環境に衝撃を受け、日本でもプラントベースド食品を身近にしたいとの思いから、通信販売専門店として2011年に設立いたしました。2021年4月には、事業を運営する中で蓄積したプラントベースド食品開発のノウハウを活かし、植物肉「Green Meat™」の開発に成功し、外食事業者向けの販売を開始しました。10年間顧客に誠実に向き合う中で得た、最終消費者の嗜好に関する知見や、独自の研究開発データベースを活用することで、既存の畜肉を補うだけではなく、「畜肉よりおいしくて健康的」な植物肉を皆様の食卓へお届けできる未来を創造していきます。
 


会社名:グリーンカルチャー株式会社
住所 :東京都葛飾区東金町1-17-11 遠藤ビル2階(本店営業部)
設立年月:2011年2月14日
代表者:代表取締役 金田郷史 
事業内容:Green Meat™(グリーンミート)事業の展開、プラントベースド食品専門通販サイト「Green’s Vegetarian」等の運営
URL:https://greenculture.co.jp/


【本件に関するお問い合わせ先】
グリーンカルチャー株式会社 広報担当
問い合わせフォーム:https://greenculture.co.jp/contactus/
TEL:03-6854-2569 
 
  1. プレスリリース >
  2. グリーンカルチャー株式会社 >
  3. 日本初!フードテックベンチャー、グリーンカルチャーが植物から魚肉を開発。浅草の寿司屋にて限定提供。