【障害者転職エージェントハッピーのホームページUI/UXがバージョンアップ】ホームページが一部リニューアル。障害者手帳をお持ちの方の心がワクワクするコンテンツが充実!

ハッピー(東京都港区赤坂、代表山口徳二)は、身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳を保持されている方向けの無料転職斡旋サービス「ハッピー」(サービス名)東京都内を中心にサービス展開中

今回のホームページリニューアルのテーマは、「サーカス」です。

視覚的にスムースな導線、来訪者の誰もが楽しめるコンテンツなどで、一般的な人材業界のホームページとは一線を画す自由でポップな世界観を表現。

個人側へ(障害者手帳を保持している方へ)は、転職活動中及び入社後の心身の安定に活かせる実践的なお役立ちコンテンツをご用意。コロナ禍のみならず転職活動には想うように進展せず、ストレスが溜まることもございます。また内定取得はゴールではなく、あくまでもスタートです。こうしたストレスが掛かる状況を少しでも緩和して頂けたらという想いから今回は内容を吟味。

法人側へは、ハッピーの他社にはない独自の強みや事業運営で大切にしていることを改めてご紹介。具体的には、その場だけの関係性ではなく、5年後、10年後でも良好な関係性を築けることを目指している弊社のスタンスをアピール。

是非、リニューアル後の「障害者転職エージェントハッピー」のホームページをご覧下さい。

【障害者転職エージェントハッピー ホームページ】
<HP> https://happyy.jp
  • 障害者手帳をお持ちの方の心がワクワクするコンテンツが充実


今後、益々人口減が予想される中、障害者転職エージェントとして10年後でも確実に利益を生むには、さらなる顧客体験、顧客満足の向上が必要になります。そこで弊社は2030年を目据えて、個人法人のお客様へ既存の枠に囚われない高品質なサービスを追求して参ります。

本リリースで発表させて頂いたホームページUI/UXのバージョンアップ以外にも、2021年の新たなソフト面での新施策のひとつとして、個人、法人双方のミスマッチを防ぐ為、企業への主治医の意見書の提出もスタート。

現時点では、企業への推薦書類に主治医の意見書を導入している民間の人材紹介会社は、障害者転職エージェントハッピーのみとなります。(2021年2月24日現在)主治医の意見書の提出により、医学的な見地から安定就労へ向けた正確な情報提供が可能になり、より安心、安全な採用活動が実現出来ます。

尚、既に精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方によるハローワーク経由での就職・転職には、主治医の意見書の提出は義務化されております。今後も弊社側の手間は惜しまず、ステークホルダーすべての幸せに繋がることは積極的に取り入れながら、個人法人に「選ばれる障害者転職エージェント」を目指します。

【障害者転職エージェントハッピー/具体的なホームページ変更箇所】

<HP> https://happyy.jp

1)「 障害者雇用をお考えの企業様ページ(法人向けページ)」ページ
変更内容:より読みやすいテキスト、より見やすいレイアウトへ再構成
https://happyy.jp/contents/jinzai

2) 「ハッピー代表山口インタビュー」ページ
変更内容:TOPページにバナー作成・本ページに新たな写真を複数挿入
https://happyy.jp/contents/interview

3) 「身体障害者・精神障害者転職・就職支援 実績例」ページ
変更内容:ポップで温かみのあるイラストを全面に挿入・テキスト配置変更 

「精神障害者転職・就職支援 実績例」ページ
https://happyy.jp/contents/results_seishin

「身体障害者転職・就職支援 実績例」ページ
https://happyy.jp/contents/results_shintai

4) ハッピーが選ばれる理由
変更内容:訴求したいメッセージを黄色マークで強調・ポップで温かみのあるイラストを全面に挿入
https://happyy.jp/contents/happyy

5) 英語ページ
変更内容:商談雰囲気をイメージしやすいようにオフィス写真を挿入
https://happyy.jp/contents/for_corporation

6)おすすめコンテンツ「Deep House」のYouTube動画を挿入
利用目的:集中タイム、気分転換、運動時などにご利用推奨
(TOPページ最下部に設置)
 


【代表プロフィール】
山口徳二(やまぐち とくじ)
1979年7月11日生まれ。蟹座O型。
趣味:ヨガ・映画鑑賞・温泉旅行。
神奈川県横浜市戸塚区出身。
米国ニューヨーク大学卒業。
株式会社リクルートキャリア、パーソルチャレンジ株式会社で人材ビジネスに従事後、現職に至る。
自身も大病による後遺症により身体障害者手帳(下肢障害)を現在保持。
2019年にIT・アパレル・外資障害者転職エージェントハッピーを創業。
2021年春に新たにコーチング事業を開始予定。






【社名の由来】
弊社は日本の障害者雇用を盛り上げるのみならず、世界に通じるレベルの障害者転職・就職支援を目指す為、英語で「幸せ」という意味のハッピー(happy)という社名になりました。

現代社会のみならず、生きるうえで避けて通れないのが「労働」です。人は何の為に働くかという哲学的な問いに対して、私たちは「幸せ」になる為に働いていると答えます。当然、お金イコール幸せではないのですが、一定の幸せを感じるには労働の対価としての賃金が必要になってくると考えております。

その労働を通じて得た賃金により経済的に精神的に自立した生活をすることで、真の幸せを感じることも出来ます。私たちの使命は1人でも多くの障害者の方へお仕事を紹介し、こうした幸せを感じてもらうことです。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハッピー株式会社 >
  3. 【障害者転職エージェントハッピーのホームページUI/UXがバージョンアップ】ホームページが一部リニューアル。障害者手帳をお持ちの方の心がワクワクするコンテンツが充実!